引っ越しの荷造りでやる気が出ない時の原因と対策方法とは?

引っ越しといえば物件選びから、挨拶、諸々の手続きまで、やらなければいけないことがたくさんあります。

その中でも荷造りは一番気が重くなる作業ですよね。

今回は引っ越し関係で働き、たくさんの引っ越しを見てきた経験から、引っ越しの荷造りでやる気が出ない原因や、対策方法をご紹介します。

ぜひ参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

引っ越しの荷造りはやる気が必要 ?

実は、私自身も5回以上の引っ越しを経験しています。引っ越しってほんとうに大変ですよね。色々とやらないといけない事が山積みの中で、一番面倒なのが荷造り作業ではないでしょうか。

例えば日々の洗濯物や掃除機のようにサッと終われるものであれば、ここまでやる気を出す必要もなく、荷造りは一朝一夕に出来るものではないというのがやる気へのハードルを上げているのではないのかと私は思います。

「やる気が出ない→焦る→不安になる→やっぱりやる気が出ない→再び焦る→さらに不安になる」

これ引っ越しに限らずですが、私の良くあるパターンです(笑)

何をするにおいてもやる気は大事です。だけど出そうと思って出る物ではないですよね。

頭ではやらないといけないと分かっていても、なかなか行動に移せないというのは誰でも経験した事があるはずです。大丈夫、やる気が出ないのはあなただけじゃありません。

やる気が出ない原因は?

やる気が出ないといっても、人それぞれ原因は違ってきます。まずは、どうしてやる気が出ないのか?という原因を突き止める事が大切です。

やる気が出ない原因 1)完璧にやろうとする

実はこれ、すごくよくあるパターンなんです。

引っ越し慣れしていないのに、最初から完璧を求めて頭ばっかりが働いて行動に移せない。完璧を求めるが故に、思い通りに進まず途中で燃え尽きてしまう。所謂「燃え尽き症候群」に近い状態です。

このパターンの方は、やり始め・やろうと考え始めた時期は他の方よりも早いのに、最終的に作業が中途半端で終わってしまう事が多い傾向にあります^^;

この場合、一番大切なことは休息をとることです。一度立ち止まってリフレッシュする時間がとても重要となってきます。

やる気が出ない原因 2)荷造りのやり方がわからない

いざ「荷造りをしよう!」と思っても、何をどうしたらいいのかわからない。何から始めて、どこから手を付けたらいいのかと途方に暮れてしまう。

やる気はあったはずなのに、やる気の矛先が見つからず、どんどんやる気がなくなってしまうパターンです。こういう時は、一人で考え続けたところで解決策は見つからず、いつまでたってもやる気が起きることはありません。

またやり方がわからないまま進めてしまい、片付く所か逆に部屋が散らかってしまいやる気を失ってしまうというパターンもあります。

こういう時は家族や友人、契約した引っ越し会社でもいいので誰かに相談する事から始めてみてください。

逆に情報量の多いインターネットは、さらに混乱してしまう可能性があるのであまりおすすめではありません。

やる気が出ない原因 3)時間がない

日々の生活の中でやることが多すぎてやる気が出ないパターンです。

仕事や育児、プライベートなことまで「やらないといけない事」に追われ、疲れ切ってしまっている状態です。

こういう時は「やらないといけない事」「やりたい事」全てをピックアップし、優先順位をつけて行動してみてください。また(1)の「完璧にやろうとする」で説明した部分とも被ってしまうのですが、あなたが「やらないといけない事」と思ったことは本当にやらないといけない事なのか?という部分も重要なポイントです。

やる気が出ない原因 4)そもそも引っ越しに乗り気ではない

引っ越しというと新生活やマイホームなどワクワク楽しいイメージですが、自分の意志に反して引っ越しをしなければならない場合、荷造りに乗り気になれないというのは仕方のないことです。

スポンサーリンク

最近では引っ越し前後になると憂鬱な気分になる「引っ越しブルー」という症状もあるのだそうです。この症状は別名「引っ越しうつ」と呼ばれていて、引っ越しに伴う環境の変化や様々な不安要素が積もり積もって、精神状態が不安定になってしまう事を指します。

こうなってしまう前に、不安要素を一つでも多く取り除く事が重要です。

やる気が出ない時の対策方法とは?

では次に荷造りのやる気が出ない時に出来る、具体的な方法を紹介していきます。

やる気が出ない時の対処法 1)小さい目標を決めていく

いっぺんにやろうとすると途中で息切れしてしまうのは仕方のないことです。

例えば「今日は本棚だけやろう」でもいいですし、作業の終わりで終了するのではなく「今日は30分だけやろう」でもいいと思います。自分に無理のない範囲で目標を決め、少しずつ着実に終わらせていく方法です。

引越しで必要な梱包作業。なかなか進まないという方も多いはず。そもそもダンボールへはどうやって記入するのがベストなのでしょうか?今回は自分も運搬作業員さんも見やすいダンボールへの記入方法と、注意書きの必要性や書き方、さらにシールを使った方法も紹介します!

やる気が出ない時の対処法 2)ご褒美を準備する・褒める

頑張った自分に対してご褒美を用意するというのは、仕事などでもモチベーションをあげる一つの方法です。

「今日の分の荷造り作業が終わったらケーキを食べる」という日々の小さい事から、「引っ越しが終わったらマッサージに行く」など何でもいいので自分へのご褒美を用意してみてください。

また、やる気が出ない人に良くあるのですが、作業が出来ない自分を責めてしまうというのは一番よくありません。少しでも何かをしたのなら自分で自分を思いっきり褒めてあげてくださいね。

やる気が出ない時の対処法 3)とりあえず目に着いた所から始めてみる

とりあえず行動を起こす事によってやる気を出す作戦です。

引っ越し以外でもやる気が出ない時の対処法として有名ですね。人はやる気がない状態でも、手や体を動かすことによって脳が「作業興奮」を起こし、やる気が湧いてくるという性質があるそうです。

ただし、そのままずっと目についた所だけを荷造りしていってしまい、部屋のスペースがなくなってしまうという事もあり得ます。やる気が出てきたら、一度冷静になって考えてみることが重要です。

やる気が出ない時の対処法 4)手伝ってもらう

友人でも家族でもいいので、無理な時は誰かに手伝ってもらいましょう。手伝ってもらうのが「申し訳なくて頼めない」と言うのであれば、家に来てもらうだけでもいいのです。

誰かに家に来てもらう事によって、やらなければいけない状況を物理的に作り出してしまうのです。

この方法は毎日コツコツ派ではなく、「一気に終わらせてしまいたい」「ゆっくりまとまった時間が取れる」という人に向いています。

やる気が出ない時の対処法 5)新居での楽しみを見つける

新しい部屋に新しい家具。これぞ引っ越しの醍醐味です。

「新居に移ったら、ここにこんな家具を置いて~・・・」「カーテンを新しく買って~・・・」など、新居に移る時の計画を立ててみる方法です。

また家具などを新調する予定がない場合は、新居周辺のおいしいお店や、行ってみたい場所などをピックアップしておくのもおすすめですよ。

やる気が出ない時の対処法 6)無理せずプロに頼む

どうやってもやる気が出ない時。物理的に時間を作れそうにない時は、お金はかかりますがプロに荷造りをお願いしてしまいましょう。

すでに見積りが終わってしまっている場合でも、担当の営業マンに相談してみてください。万が一断られてしまった時は、引っ越し業者以外でも荷造りだけをしてくれる業者さんもおられます。

プロに頼む場合は、早めの決断がスケジュールを合わせてもらううえでのポイントになります。

まとめ

引っ越しは絶好の断捨離のタイミングです。

荷造りで見つけた不用品、まとめて売ってしまえばちょっとしたお小遣いになることもあります。

また荷造りしていたら、忘れていたへそくりを見つけたという話もよく聞きます。

面倒な荷造り作業ですが、ひょっとしたら、あなたのおうちにもお宝が眠っているかもしれませんよ^^

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。