梅雨の体調不良の原因って何?症状や対策も紹介!

毎年やってくる梅雨。

雨が続き毎日じめじめ。

気温も高くなり、蒸し暑く過ごしにくい日が続きます。

今回はそんな梅雨の時期に起こしやすい体調不良の原因と様々な症状。

また梅雨の体調不良を乗り越える為の対策も紹介します。

スポンサーリンク

梅雨の体調不良の原因とは?

長く雨が続く梅雨の時期。

なんだか毎日体調が優れなかったり、やる気が起こらなかったり。ちょっと遅い5月病かな?なんて症状の原因は実は梅雨のせいかもしれません。

梅雨に起こる体調不良の主な原因となるのが、気圧の変化によって起こる「気象病」と大気中の湿度の高さによって起こる「水毒」です。

梅雨の体調不良の原因(1)気象病

気象病とは気圧や温度、湿度などの変化によって起こるとされている体調不良の総称で、症状の変化が天候と密接に関わっていると考えられています。

中でも大きな原因となるのが、気圧の変化による自律神経の乱れ。

自律神経が乱れる事によって、交感神経、副交感神経のバランスが崩れ、様々な症状を引き起こすとされています。

梅雨の体調不良の原因(2)水毒(すいどく)

水毒とは梅雨のような高温多湿の時期、体に溜まった水分が体外へと排出されないことが原因で起こると考えられています。

通常であれば、摂取した水分は体を巡り、汗や尿によって排出されます。しかし気候の変化や食生活の乱れなどの影響で、この水分代謝が上手くいかない事で様々な症状を引き起こしてしまうのです。

梅雨の体調不良によって現れる症状とは?

では、先ほど紹介した「気象病」や「水毒」によって引き起こされる主な症状について紹介していきます。

梅雨の体調不良で現れる症状(1)気象病

・片頭痛

・めまい

・リウマチ

・古傷の痛み

・うつ病

・喘息

・神経痛

・関節炎

・メニエール病

・肩こり

また心臓発作や脳卒中など、命に関わる病気のきっかけとなることもあります。

梅雨の体調不良で現れる症状(2)水毒

・むくみ

・頭痛

スポンサーリンク

・めまい

・嘔吐

・倦怠感

・冷え症

・耳鳴り

・お腹がはる

・湿疹、じんましん

・眠気

なんだか疲れが取れにくかったり、体が重い、ダルいといった症状も水毒が原因だと言われています。

諸説ありますが、なんと女性の8割~9割の人に水毒の症状があると言われています。

梅雨の体調不良への対策を紹介!

では「気象病」や「水毒」にならない為に出来る対策はあるのでしょうか?

気象病は気圧の変化による自律神経の乱れが大きな原因となります。よって規則正しい生活や睡眠をしっかり取る事。適度な運動によって交感神経のスイッチを入れる。お風呂にゆっくり浸かってみる、ストレスを溜め込まない事もとても効果的で、これは水毒の対策にも当てはまります。

また水毒には体を冷やさないようにする事がとても重要で、冷たい飲み物は控える、生野菜ではなく温野菜を摂る、ネギや生姜、カボチャなど体を温める食材を選ぶようにするだけでも変わってきます。さらにリンパマッサージやストレッチなどで、滞っていた気の巡りを良くする事もとても重要になってきます。

ちょっと最近あんまり体調が良くないかも?と思ったら、まず日頃の生活習慣を見直す事から始めてみて下さい。

梅雨が近づき蒸し暑くなってきたり、秋が終わり肌寒くなってくるといよいよエアコンの出番がやってきます。エアコンを久々に着けた時「あれ?エアコンが臭いかも・・・」というような経験はありませんか?実はその臭いの元を放ったままにしておくと、後々大変な事になってしまうかもしれません。今回はエアコンがカビ臭い原因と、健康への影響や、カビの除去方法について紹介します。

まとめ

いかがだったでしょうか?

気象病や水毒は誰にでも起こりうる問題です。

ちょっとした体調の変化を見逃さず、早めに気付く事がとても大切です。

梅雨の時期の気になる湿気。窓を閉めきったままだとじめじめと蒸し暑く、滞った空気は気持ちのいいものではありません。エアコンの除湿機能を使えばいいのかもしれませんが、やはり電気代が気になるところ。そこで今回は、雨の日には窓を開けて部屋の換気をしても大丈夫なのか?という事と、その方法。また梅雨の時期の気になる部屋の湿気対策について紹介します。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。