父の日のプレゼントに現金はあり?いくらが相場?袋の選び方も紹介!

6月第三日曜日にある父の日。

母の日に比べて忘れられやすい傾向にあるんだそうです。

プレゼントに何を選べばいいのか?というのを悩んでいたら、いつの間にか過ぎてしまっていた!なんて事も。

もし現金をプレゼント出来れば、プレゼント選びに失敗する事もなく、好きなものを買ってもらえて一石二鳥ですよね。

今回は父の日のプレゼントに現金はありなのか?という事と、

現金を渡す場合の相場、現金を包むための袋の選び方を紹介します!

スポンサーリンク

父の日のプレゼントに現金はあり?

父の日のプレゼント選び。何か品物を贈るのか、はたまた現金や商品券を贈るのか悩んだ事はありませんか?実は基本的に目上の人に現金を贈る事はマナー違反だとされています。

しかし最近では、受け取る側も好きなものに使える、贈る側もプレゼント選びでの失敗や、何を選べばいいのか悩まずに済むという事からプレゼントの選択肢として「現金・商品券」を利用する人が増えてきています。

それは、受け取る側つまりお父さんや義父がどのような人か?という事と、その人との関係性によって変わってきます。お父さんがあまりそういった事に抵抗のない人なのであれば現金でも問題ないでしょうし、そうでなければかえって失礼にあたってしまいます。

プレゼント選びで1番重要なのは気持ちです。既に成人して家庭を持っていたとしても「子供から現金をもらうなんて出来ない!」という方もおられるでしょう。そういった時は、商品券やカタログギフトという形でプレゼントするのも1つの方法です。

父の日に渡す現金はいくらが相場なの?

では父の日のプレゼントに現金を渡す場合、いくらくらいが相場なのでしょうか?

品物を贈る場合、5000円前後というのがプレゼントの金額の相場になってきます。しかし現金を贈る場合は、5000円~1万円という意見が多く、何か品物を贈るよりも予算の相場が高い傾向にあるようです。

なかでも1万円を贈るという意見が1番多く、あまり少ない金額だと逆に失礼にあたるという意見もあります。確かに2000円や3000円だと使い方も限られてきますし、それならその予算で何か品物を贈った方が気持ちも伝わりやすいんではないかなという感じもします。

また兄弟で出しあって、2万円、3万円とまとまった金額を渡すという意見の人もいます。渡す金額は各ご家庭でそれぞれ違いますし、パートナーや兄弟、お財布と相談して金額を決めて貰えればなと思います。

1ヶ月しか変わらない父の日と母の日。 この時期母の日が終わったと思ったらすぐに父の日。 そしてお中元となにかとバタバタしてし...

父の日に現金を渡す場合袋はどんなものがいい?

では現金をプレゼントする場合、現金を包むための袋を選ぶ際のマナーなどはあるのでしょうか?

さすがに裸で現金を渡す方はいないと思いますが、基本的にはご祝儀袋を利用するのが1番いい方法ではあります。それはお父さんとの関係性によって好きなものを選んで貰えれば大丈夫です。祝儀袋を利用する場合宛名書きは「お祝い」を選ぶようにしてください。

キレイな花柄の封筒が売っていたのあればそれを利用するのもいいですし、ポチ袋や茶封筒を利用するという意見の人もいます。また父の日用の封筒も100均でも手に入りますし、ネットでもたくさん販売されています。気になる方は是非チェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連商品

また現金と一緒にメッセージカードを添えたり、封筒に一言添えるだけでも大変喜ばれますよ。

まとめ

いかがだったでしょうか?

プレゼントに現金!?と思われる方もいるでしょうが、最近では現金を選ぶ人も増えてきています。父の日は日頃の感謝を伝える日なので、どうすれば喜んでもらえるのか?という事が重要になってきます。

「いつもありがとう。たまにはゆっくりご飯でも食べに行ってきてね。」など一言添えるだけで、味気ない現金がとびっきりの父の日のプレゼントに変わるかもしれません。

父の日といえばお父さんへの日頃の感謝を表す日。一緒にご飯に行く人もいれば、プレゼントを贈る人もいます。贈り物といえば気になるのが熨斗です。古くから贈答品には熨斗がマナーだとされていますが、果たして父の日のプレゼントに熨斗は必要なのでしょうか?そしてもし必要なのであれば、種類や書き方の決まりはあるのでしょうか?今回はそんな疑問についてお伝えします。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。