父の日のプレゼントに熨斗は必要!?種類や書き方も紹介!


父の日といえばお父さんへの日頃の感謝を表す日。

一緒にご飯に行く人もいれば、プレゼントを贈る人もいます。

贈り物といえば気になるのが熨斗です。

古くから贈答品には熨斗がマナーだとされていますが、果たして父の日のプレゼントに熨斗は必要なのでしょうか?

そしてもし必要なのであれば、種類や書き方の決まりはあるのでしょうか?

今回はそんな疑問についてお伝えします。

スポンサーリンク

父の日のプレゼントに熨斗は必要?

父の日といえば日頃の感謝の気持ちを込めて何かプレゼントを贈るという人が多いのではないかと思います。プレゼントを購入する時、必要であれば購入先のお店で、包装紙やリボンなとで父の日用のラッピングもしてもらえます。

しかし昔から日本では、贈答品には熨斗をつけるという習慣があります。では父の日のプレゼントにも熨斗がマナーとされているのでしょうか・・・?

実は父の日のプレゼントの熨斗については「どちらでもいい」とされているのです。

もともと父の日とはアメリカから伝わってきた習慣です。なので熨斗の有無については特に決まりはありません。あまりかしこまった感じは嫌だなと感じるのであれば、包装紙やリボンで十分ですし、義父などに渡すのでちゃんとしたいという場合は、熨斗を使いプレゼントする事も可能です。

どちらにするにしても「どのように贈ればお父さんに喜んでもらえるのか?」というのが1番のポイントになります。

父の日とは日頃の感謝や敬意をお父さんへ伝える日です。結婚するとパートナーの両親も義親となりますが、一般的に義父への父の日のプレゼントも必要なのでしょうか?もしプレゼントを贈るとしたら予算の相場はいくらくらいなのか?またプレゼントに添える、メッセージのポイントなどについてお伝えします。是非参考にしていただければなと思います。

父の日に使う熨斗の種類は?

そもそも熨斗とは熨斗鮑の事を指し、予め熨斗や水引が印刷されている包装紙の事を「のし紙」といいます。ではのし紙を使って父の日のプレゼントを贈る場合、何か決まりごとやマナーがあるのでしょうか?

実は父の日の熨斗紙には特に決まったマナーというのが厳密にあるわけではないのですが、様々な種類のある熨斗紙の中では父の日にふさわしくない物もあります。

水引の本数

水引とは贈答品の包み紙を結ぶ帯紐の事です。

水引には3本5本7本10本と種類があり、数が多いほどより丁寧なものになります。

3本は粗品など、5本は一般的な慶事、7本はより格式が高いもの、10本は主に婚礼関係に使われます。

よって父の日には5本を選ぶようにするといいでしょう。

水引きの結び

水引の結び方にも種類があります。

大きく分けて「結び切り」と「蝶結び」の2種類からなり、そこから派生して様々な結び方があるとされています。

【結び切り】

ほどけないように固結びしたもので、同じ事を2度と繰り返さないという意味があります。主に結婚や弔事のように2度とあってはならないものに使用され、病気見舞いなどにも使われます。

ちなみに「淡路結び」は「結び切り」を華やかにしたものになります。

スポンサーリンク

【蝶結び】

ほどけても何度でも結び直せる蝶結びは、何度あっても良いお祝い事や、一般的な贈答品に使用されます。結婚祝いや出産祝い、長寿のお祝いや一般的な贈り物に使われます。

父の日のプレゼントは何度あっても良いお祝い事になるので、「蝶結び」を選ぶようにしましょう。

水引きの色

水引きの色にも様々な種類があります。赤白、金銀、黒白、黄白、双銀、双白など。

慶事には、赤白、金銀を。弔事には黒白、双白、双銀などを使うのが一般的ですが、一部の地域では黄白が使われる事もあります。

父の日のプレゼントは慶事なので、赤白が良いとされています。

したがって父の日のプレゼントには、「蝶結び・5本・赤白」ののし紙を選ぶようにしましょう。

父の日のプレゼントの熨斗の書き方は?

次に表書きの書き方についてお伝えします。

父の日に使われる表書きには、「感謝」「父の日」「御祝」などが一般的ですこれは手書きでも印刷でもどちらでも問題ありません。また名前を入れる場合は、表書きより一回り小さく記入し、夫婦連盟の場合は、夫の名前が右側にくるようにしましょう。

分からない場合は、プレゼントを購入したお店でのし紙を用意してもらえる場合もあるので、「父の日」用だと言うことと、名前の有無を伝えればあとはちゃんとして貰えるはずです。

もしご自身で準備される場合は、のし紙は100均などでも購入することが出来ます。また予めリボンなどでラッピングされたものにのし紙を掛ける場合は、和洋折衷になりますので、必ずリボンは外してから梱包するように注意してください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

父の日のプレゼントには特別正式な決まりがあるわけではありません。

自分との関係性などによって、のし紙を使うのかどうかを決めてもらえればいいと思います。

母の日が終わればすぐに父の日です。父の日といえば、日頃の感謝をお父さんに伝える大切な日。今年は感謝の言葉と共にフラワーギフトなんていかがでしょうか?母の日といえば、カーネーションが定番ですが、実は父の日にも定番の花の種類や色があるのをご存知ですか?今回は父の日に最適な花の種類や色。またおすすめのお花のプレゼントについて紹介します。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。