義理父に父の日のプレゼントはあげる?予算の相場やメッセージのポイント!

父の日とは日頃の感謝や敬意をお父さんへ伝える日です。

結婚するとパートナーの両親も義親となりますが、

一般的に義父への父の日のプレゼントも必要なのでしょうか?

もしプレゼントを贈るとしたら予算の相場はいくらくらいなのか?

またプレゼントに添える、メッセージのポイントなどについてお伝えします。

是非参考にしていただければなと思います。

スポンサーリンク

義理父に父の日のプレゼントはあげる?

最初にもお伝えしましたが、父の日とは日頃の感謝を伝える日であって、両親、義理の両親に関わらず、プレゼントをあげるかどうかは個人の判断で変わってきます。つまり絶対にあげなくてはいけない物ではないという事ですね。

そうは言ってもこれから長くお付き合いをしていく上で、他の人たちはどうしているのか?というのは気になる所です。ある調査によると、過半数以上の人が義理父に父の日のプレゼントをあげているのだとか。

その理由としては、、、

・自己満足、自分があげたい

・本当に感謝しているから

・形だけ仕方なく(自分の両親に贈りたい・贈らないと揉めそう)

なんていう意見が多くありました。

またプレゼントは贈らないという人の意見としては、、、

・絶縁しているから

・義親の家にそういった習慣がないから

・金銭的に厳しいから などなど。

あげない人の理由では、パートナー側の両親との関係があまりうまくいっていない人が多い傾向にあります。

父の日にプレゼントを「あげる」「あげない」という事は特に決まりはありません。家族によって事情も変わってくる問題なので、夫婦でよく話し合い、お互いが納得出来ることが1番重要ではないでしょうか。

義理父への父の日のプレゼントの予算の相場は?

では次にプレゼントの予算の相場についてお伝えします。ズバリ義理父へのプレゼントの相場は3000円~1万円。だいたい5000円前後というのが平均的な価格帯になってきますあまり高額な物を渡してしまうと逆に気を使わせてしまったり、後々値段を下げる事が出来なかったりするので、最初に渡すプレゼントの値段設定はなかなか重要です。

また義母への母の日のプレゼントとかけ離れた値段設定にしないという点にも注意が必要です。

パートナー側に兄弟がいる場合は、予めパートナーから兄弟に何を渡すのか聞いてもらっておくというのも予算を決める1つの判断材料になりますよ。そうする事でプレゼントが被って気まずい思いをする必要もなく、値段設定の基準にもなり、まさに一石二鳥です(^^)

母の日が終わればすぐに父の日です。父の日といえば、日頃の感謝をお父さんに伝える大切な日。今年は感謝の言葉と共にフラワーギフトなんていかがでしょうか?母の日といえば、カーネーションが定番ですが、実は父の日にも定番の花の種類や色があるのをご存知ですか?今回は父の日に最適な花の種類や色。またおすすめのお花のプレゼントについて紹介します。

義父への父の日のメッセージのポイントを紹介!

せっかく選んだ父の日のプレゼント。そのまま渡すのもいいのですが、自分が貰う立場だったら場合、メッセージが添えられているだけで、更に嬉しく感じたりしませんか?

スポンサーリンク

短くてもいいので日頃の感謝を伝えるだけで、あなたの印象がグンっとよくなるはずです。そこでメッセージを書く時のポイントを紹介していきます。

義父への父の日のメッセージのポイント(1)

日頃の感謝を伝える。

・いつも何かとお心遣い頂きありがとうございます。

・いつもお世話になり本当にありがとうございます。

・帰郷の際は、いつま温かく迎えて下さりありがとうございます。

・いつもお力添え頂きありがとうございます。

義父への父の日のメッセージのポイント(2)

プレゼントについて触れる

・ささやかですが、父の日プレゼントです。

・父の日のプレゼントを◯◯さんと選びました。心ばりですが、喜んで貰えると嬉しいです。

・日頃の感謝の気持ちを込めてプレゼントを送ります。

義父への父の日のメッセージのポイント(3)

健康、相手を気遣う言葉を入れる。

・これからも元気でいて下さいね。

・いかがお過ごしでしょうか?

・くれぐれも無理をせず、ご自愛下さいね。

・お身体にはお気をつけください。

丁寧な言葉遣いにするのは良いことですが、硬くなりすぎず、相手側の両親との関係性によっても書き方を変えてみてください。またメッセージも連盟にする、家族の写真を添える、手書きにするなどの工夫も好感度アップに繋がります。

さらにお義母さんが読む事を想定して、「お母さんにも宜しくお伝え下さい。」などの一言を入れると更に喜んで貰える事でしょう。

父の日といえばお父さんへの日頃の感謝を表す日。一緒にご飯に行く人もいれば、プレゼントを贈る人もいます。贈り物といえば気になるのが熨斗です。古くから贈答品には熨斗がマナーだとされていますが、果たして父の日のプレゼントに熨斗は必要なのでしょうか?そしてもし必要なのであれば、種類や書き方の決まりはあるのでしょうか?今回はそんな疑問についてお伝えします。

まとめ

いかがだったでしょうか?

義理のお父さんへのプレゼントやメッセージなんてどうしたらいいか分からないと難しく考えがちですが、そんなに気にする必要はありません。

パートナーとよく話し合ってプレゼント選びやメッセージを書き、素敵な父の日を演出しましょう。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。