お中元は相手が喪中でも送るものなの?のしや水引きはどうしたらいい?

日本に古くから伝わる習慣のお中元。

夏のご挨拶として広く親しまれています。

お中元の時期が近づくと「今年は何を送ろうか?」と悩んでしまったりしますよね。

しかし、もし贈る相手が喪中だった場合、送ってしまっても大丈夫なのでしょうか?

今回は相手が喪中期間中だった場合のお中元はどうしたらいいのか?という事と、のしや水引きについてお伝えします。

スポンサーリンク

お中元は相手が喪中でも送るものなの?

夏~の元気なご挨拶~♪というCMでもお馴染みのお中元。毎年この季節が来るたびに「今年はどうしたものか・・・」と思いながらパソコンとにらめっこ。

あなたの笑顔が見たいから~♪というフレーズの通り、日頃からお世話になっている人への感謝の気持ちとして品物選びをする訳です。喜んでもらいたくて選んでいるそのお中元。相手が喪中期間中だった場合も同じように送ってしまってもいいものなのでしょうか?

実は喪中に関わらずお中元は送ってもマナー違反にはならないようです。そればかりか急に送るのをやめてしまうと逆に失礼に当たってしまうのだとか。

喪中といえば一切のお祝い事を遠慮し、故人を偲び喪に服す期間だとされています。このお祝い事とは、お正月のお祝いや結婚式などめでたい出来事を指します。

それに対してお中元は、半年間の感謝とこれからも宜しくお願いしますという意味があり、季節の挨拶としても使われています。したがってお祝い事には当たらず、喪中に関係なく贈りあっても大丈夫なんだそうです。

ここで気を付けたいポイントとしては、相手側への配慮として四十九日を過ぎてから贈るようにするのが好ましい対応になります。お中元の期間が四十九日と被ってしまう場合は、暑中お見舞いや残暑お見舞いにして送るといいようですよ。

お中元で喪中の時ののしはどうしたらいい?

先ほど喪中期間中でもお中元は送っても大丈夫だとお伝えしましたが、気をつけないとマナー違反となってしまう事があります。

その1つ目が「のし」です。

通常のお中元の場合、マナーとして熨斗と水引きが印刷されたのし紙を使用するというのが一般的です。しかし、喪中期間中の場合はこの熨斗紙は使わないようにするのが好ましい対応になります。

スポンサーリンク

だからといって裸で渡して言い訳ではなく、この場合は白無地の紙(白の奉書紙)に白の短冊を使用します。そして短冊への表書きは通常通り「御中元」か、時期をズラす場合は「暑中御見舞」「残暑御見舞」を使用するようにしましょう。

お店で熨斗を掛けてもらう場合は、その旨を伝えるとしっかり対応してもらえるはずです。ご自身で掛け紙を準備される場合は、間違ってしまわないように注意して下さいね。

お中元で喪中の場合の水引きは?

2つ目に気をつけて頂きたいポイントは「水引き」です。

先ほどの熨斗の話でピンっとこられた方もおられると思いますが、相手側が喪中期間中だった場合、通常のお中元で使用する「紅白の水引き」も使用しないのがマナーだとされています。

予め熨斗と水引きが印刷されている熨斗紙ではなく、掛け紙と水引きを準備される場合、掛け紙は先ほどもお伝えしたように白の無地紙を、水引きは使用しないというのが一般的です。お中元で使用される紅白の水引きは、お祝い事で使用される物と同じものになります。

なのでお祝い事を遠慮する喪中期間中には相応しくないものになります。これは四十九日でお中元を避け、暑中お見舞いや残暑お見舞いで贈る時にも同じ事が言えますので覚えておくようにするといいですね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は相手側が喪中だった場合でお伝えしましたが、実は自分が喪中だった場合にも当てはまる事です。知らなかったでは失礼に当たってしまうので、あとから慌てない為にもまずは知っておく事が大切です。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。