お中元のお返しって必要なの?相場や時期につても紹介!


お中元の季節になると今年は何を送ろうかな~?と悩むもの。

どんなものだと喜ばれるかな?と考えながら選ぶので、意外と決めるまでに時間がかかったりします。

しかし自分が送っていない相手から突然お中元が届いてしまった場合や初めてお中元を受け取った場合、対応はどのようにすればいいのでしょうか?

今回はお中元のお返しについてと、送る場合の相場や時期について紹介します。

スポンサーリンク

お中元のお返しって必要なの?

そもそもお中元とは、お世話になった人へ感謝の気持ちを伝える為のものです。なので意外な人から突然お中元が届いたらからといって慌ててしまわなくても大丈夫です。

本来ならばお中元のお返しは必ずしも必要な訳ではありません。焦ってお礼の品物を贈る前に、まずは届いた事と感謝を伝えることが1番大切です。

お中元を贈った側としては「ちゃんとお中元届いたかな?」と気に掛けているかもしれません。したがってこの時のマナーとしては、お中元が届いたらまず1日両日でお礼状を出すか、電話で感謝を伝えます。

もちろん両方でもかまいません。それは相手との関係や、相手の立場によって決めて貰えればいいと思います。親しい間柄なら電話だけでも大丈夫ですし、相手側がお忙しそうな方なら電話よりお礼状を送る方がいいかもしれませんね。

とにかく「後日会うから・・・」とか、「お礼の品物を送るついでに・・・」とお礼を先伸ばしにしない事が重要です。そして「やはり何かしらお返しは贈りたい」と思うのならば、後日品物を送るといいでしょう。

お中元のお返しの相場とは?

お中元のお返しは必ずしも必要ではないとお伝えしましたが、お返しの品物を贈る場合にはやはりマナーがあります。まず1つ目が金額です。

お中元のお返しの相場は、頂いた品物の金額の半額~同等位となります。

気を使って頂いた品物よりも高額なものを渡してしまうと、相手側も逆に気を悪くしてしまうかもしれません。さらに頂いた品物以上の金額の物を渡してしまうと「次からはお中元は結構です」という意味になってしまいます。

スポンサーリンク

せっかく張り切って選んだ品物が、相手側にとっては失礼になってしまうかもしれないのです。そんな失敗をしない為にも、お返しを選ぶ際は十分気をつけて品物を選ぶようにしてくださいね。

お中元のお返しの時期はいつ?

お中元のお返しの際に気をつけたいマナーの2つ目が時期になります。

もちろんすぐに品物を準備出来る場合は、すぐに贈っても問題はありません。しかし一般的には少し間を空けて贈るのが良いとされています。目安としては1週間位と考えてもらうといいと思います。間が空きすぎるのはあまり良くないので注意して下さい。

そしてお返しの際に気をつけて頂きたいのが表書きになります。

お中元の期間中であれば表書きも「御中元」で大丈夫なのですが、お中元の時期を過ぎてしまっている場合は「暑中御見舞」「残暑御見舞」として贈るのがマナーとなります。目上の方へ贈る場合は「暑中御伺」「残暑御伺」となります。

もちろん親しい間柄なのであれば「御礼」でも問題ありません。お返しの表書きは贈る時期によって使い分ける事がとても大切です。

まとめ


いかがだったでしょうか?

もともと家でお中元を贈り合う習慣がなければ、よく分からない事も多いかもしれません。

品物を選ぶ際はお中元と同じようなもので大丈夫なので、 相手がもらって喜んで貰えるようなものを選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。