インフルエンザに家族がかかった場合に仕事は休む?感染率と予防と対策!

とても感染力の強いインフルエンザ。

もし家族がインフルエンザにかかってしまったら、あなたは仕事を休みますか?

今回は家族がインフルエンザにかかってしまった場合、仕事はどうする?と言うこと。

さらに家族間での感染の確率や、予防や対策についてお伝えします!

スポンサーリンク

インフルエンザに家族がかかったら仕事は休む?

冬場に猛威をふるうインフルエンザ。

子供やパートナーがインフルエンザにかかってしまった場合、

あなたは仕事を休みますか?

最近は自身がインフルエンザにかかってしまった場合、

出勤停止になる企業が増えてきています。

しかし家族やパートナーの場合、

どうしたらいいのか悩んでしまう人が多いのではないでしょうか?

この場合、一番一般的なのは上司に指示を仰ぐという事です。

・家族がインフルエンザにかかってしまった事

・自身の体調(咳や発熱など)

を伝えて出勤しても大丈夫か確認を取ります。

しかし体調になんの変化もない場合、

マスクをつけて家族がインフルエンザである旨を黙ったまま、

出勤するという方が多いのも現状です。

私が働いていた職場にいた人の話なんですが、

娘とその子供がインフルエンザを発症し、

看病する人がいないからということで2日間お休みを取っていた人がいました。

その後普通に出勤してきたのですが、あきらかに咳をしています。

もしかして、インフルエンザでは?!と職場の皆が思った事でしょう。

もちろん全員マスクは着用済みです。

しかし、インフルエンザじゃないですか?とは聞きずらく、

「Aさん咳してますけど、体調大丈夫ですか・・・?」と遠回しに聞いてみたところ。

「全然!元気だから大丈夫!ちょっと喉がイガイガしてて。」との事。

結局、次の日にAさんはインフルエンザでお休み。

2日後に同じ職場の2人がインフルエンザで休む羽目になってしまいました。

このようにインフルエンザはとても感染力の強いウイルスです。

お休みした2人のインフルエンザもAさんが原因だ!とは決めつける事は出来ませんが、

その可能性が高いのは言うまでもありません。

会社によっては家族であってもインフルエンザの感染が認められる場合、

出勤停止になる企業もあります。

会社がどういった判断をするかはわかりませんが、

感染の拡大を防ぐ為にも、会社への連絡は最低限のマナーとして必要ではないでしょうか。

インフルエンザに家族がかかった時の感染率は?

もしも家族の誰かがインフルエンザにがかかってしまった場合、

「うつさない・もらわない」というのはとても大切なところ。

気になる家族間での感染率はどれくらいなのでしょうか?

これは季節性インフルエンザ、新型インフルエンザなど、

インフルエンザの種類にもよるのですが、感染率はおおよそ10%前後と言われています。

スポンサーリンク

思ったよりも少ない!と思われた方もおられると思いますが、

これは平均した数字の確率なので油断は禁物です。

感染率としては、

大人→子供<子供→大人

このような感じになっています。

インフルエンザは、潜伏期間であっても他の人へと感染します。

潜伏期間とは感染から症状が発症するまでの1日~長くても4日間。

さらに発症から3日~7日の間はウイルスを保菌しているので、

この間は他の人へと感染してしまいます。

家族の誰かがインフルエンザにかかってしまったら、

しっかりと感染しないよう対策をとるのが大切です。

インフルエンザの予防と対策で家族がかかった場合は?

次に家族の誰かがインフルエンザにかかってしまった場合、

予防や対策の方法はどのような事があるのかについてお伝えします。

・患者を別の部屋へ隔離して生活エリアを分ける

・看護する人は誰か1人に決めておく

・患者、看護側共にマスクの着用(出来れば全員)

・家族全員、手洗いうがいを徹底する

・こまめに換気する

・加湿器で湿度の調整(約50%~60%)

・食器やタオル、物は共有しない

・患者の使用後のティッシュなどは空気や他の人に触れないようにして処分する

インフルエンザウイルスの感染経路は、

「飛沫感染」「接触感染」「空気感染」だと言われています。

患者が触ったものには看護する人以外は触らず、

家全体の空気の入れ替えもこまめにしましょう。

またアルコール消毒もインフルエンザには効果的です。

さらに乳幼児や妊婦さんがいる場合は、実家に避難するなど特に注意が必要です。

普段から十分な睡眠やバランスのとれた食事を取って、

免疫力が下がってしまわないようにしましょう!

まとめ

インフルエンザは高齢者や乳幼児、妊婦さんなど、

体力がない人が感染すると重症化し、最悪の場合死に至ることもあります。

事前にワクチンなどで対策していても、

うつらないと安心することなく、しっかりと感染予防をしてくださいね。

今年も大流行しているインフルエンザ。 この記事ではインフルエンザかもしれない!と思った時の対処方や、 風邪との症状の違いなどでの見極め方。 さらに病院への診察のタイミングについて紹介します。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。