高台寺の桜の見頃はいつ?ライトアップ2018の詳細と混雑状況!


京都市東山にある高台寺。

豊臣秀吉を弔うために妻のねねが建てたお寺で、

建物はもちろんの事、茶室や庭園など見所がたくさん。

年間通して人気の高台寺ですが、

桜や紅葉の時期になるとさらに多くの人で賑わいを見せ、

夜間拝観などが行われます。

今回はそんな高台寺の桜の見所と、

2018年のライトアップの情報と混雑状況を紹介します!

スポンサーリンク

高台寺の桜の見頃はいつ?

数々の重要文化財、桜と萩の名所で知られる美しい庭園などがある高台寺。

高台寺桜や、ソメイヨシノ、山桜など約50本もの桜の木が植えられており、毎年たくさんの参拝客を魅了しています。

そんな高台寺の桜の見頃は3月下旬から4月上旬頃。

なかでも有名なのが方丈庭園にあるシダレ桜です。

枯山水式の方丈庭園「波紋庭」は、主に白砂と波紋から構成されていて、

南に勅使門、西に唐門、そして南西にシダレ桜という並びになっています。

方丈庭園のシダレ桜は今のもので4代目で、

江戸時代から多くの人々を楽しませてきました。

薄桃色の桜の花びらが白砂に映え、それはそれは素晴らしい光景ですよ。

◇基本情報◇

見頃:3月下旬~4月上旬

本数:約50本

拝観料:大人 600円/中高生 250円

住所:京都市東山区高台寺下河原町526

電話:075-561-9966

高台寺公式サイト

高台寺の桜のライトアップ2018を紹介!

高台寺といえば期間限定での夜間特別拝観も人気です。

例年、春のライトアップと夜間拝観は、

東山花灯路からゴールデンウィーク明け頃まで。

桜の季節は方丈庭園が美しくライトアップされ、

プロジェクションマッピングも行われます。

プロジェクションマッピングは毎年テーマが変わり、

2017年には「万華鏡ファンタジー」というテーマで行われました。

2018年のテーマはずばり「平和」!

高台寺にある「聖母子像に花鳥文様刺繍壁掛」に描かれている

マリア像をモチーフにした女性の愛を

プロジェクションマッピングで観賞する事が出来ます。

またライトアップは東山花灯路でも行われるので、

3月9日~5月6日までと、とても長い期間楽しむ事が出来ます。

ライトアップされた桜は昼間とはまた違った魅力があるもの。

スポンサーリンク

桜の見頃の時期に合わせて、

是非高台寺に足を運んでみてくださいね。

◇詳細◇

夜間拝観日程:2018年3月19日~5月6日

東山花灯路(ライトアップ):2018年3月9日~3月18日

拝観時間:9時~22時まで

※ライトアップは日没~

高台寺の桜の時期の混雑状況は?

桜の名所の多い京都。

春になるとどこへ行っても混雑しているイメージですが、

高台寺はどれくらい混雑しているのでしょうか?

桜が見頃の時期を迎える3月下旬頃になると、

土日は拝観のチケットを購入する為に

長蛇の列が出来ているのはもはや見慣れた光景。

さらにライトアップが開始される

日没頃(18時頃)の混雑はさらにすごいものです。

この混雑を回避しようと思った場合、

ライトアップが目的でないのなら開門時間に合わせて行ってみる。

ライトアップが目的なら20時~21時頃と遅めの時間帯を狙う事で、

通常よりかは混雑を回避する事が出来るかもしれません。

もうひとつの方法としては、

高台寺門前の圓徳院で共通の拝観券を購入すると

スムーズに観光する事が出来ますよ。

まとめ


いかがだったでしょうか?

普段だと30分ほどで回れる高台寺ですが、

桜の時期だと1時間ほどは見ておいた方が良さそうです。

さらに拝観券の購入などで並ぶ時間を考えると、

思っていたよりも結構かかってしまうので、

余裕を持ったプランを計画する事をおすすめします。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。