清水寺の桜2018の見頃はいつ?ライトアップの時間と混雑状況!

京都を代表する観光場所である清水寺。

世界文化遺産にも登録されていて、

本堂は「清水の舞台」として親しまれています。

舞台上から眺める京都の街並みは最高で、紅葉や桜の名所としても有名です。

今回はそんな清水寺の桜の2018年の見頃の時期、

さらにライトアップの時間や混雑状況について紹介します!

スポンサーリンク

清水寺の桜2018の見頃はいつ?

1633年に徳川家光によって再建された清水寺。

建物が山の斜面にせり出すように造られていて、

139本ものケヤキの巨木によって支えられています。

「清水の舞台」は、色々なメディアでも取り上げられていて、

人気観光スポットとしてもとても有名ですね。

そんな清水寺の桜の見頃は、3月下旬から4月上旬頃。

境内には約1500本もの桜の木が植えられており、

見頃の時期になるとソメイヨシノや山桜など

たくさんの桜が境内に咲き乱れます。

清水の舞台から見る桜も美しいのですが、

1番人気なのは子安の搭辺りから見る舞台と桜のコラボレーションです。

毎年その景色を多くの人が写真に納めようと列を成しています。

また清水寺周辺には、

他にも観光スポットやかわいいお店などがたくさんあります。

色々立ち寄りながら歩いて観光出来ますし、清水寺も敷地はとても広いです。

私も経験があるのですが

「途中で靴擦れしてしまった(>_<)」なんて事になると、

せっかくの観光が台無しです。

歩きやすい靴や履き馴れた靴で行かれる事をオススメします。

◇基本情報◇

見頃:3月下旬~4月上旬

本数:約1500本

拝観料金:大人 400円/小中学生 200円

拝観時間:6時~17時30分

住所:京都市東山区清水1-294

電話:075-551-1234

清水寺公式サイト

清水寺の桜のライトアップの時間は?

太陽の温かな陽射しに照らされる昼間の桜。

夕日でオレンジ色に染まる夕方の桜と清水寺。

時間帯によって違った表情を見せる清水寺の桜ですが、

毎年桜の見頃に合わせて夜間特別拝観(ライトアップ)も行われています。

この夜間特別拝観、春・夏・秋と実は1年に3回開催されていて、

春の特別夜間拝観では、

夜桜と共に本堂や三重搭などのライトアップを観賞する事ができます。

その景気は思わず見とれてしまうほど美しく幻想的ですよ。

拝観時間は18時から21時(受け付け終了)。

期間は3月30日から4月8日までの10日間。

スポンサーリンク

また桜の見頃には少し早いかもしれませんが、

3月9日から3月18日までの間は東山花灯路の夜の特別拝観が行われるので、

この期間中もライトアップが開催されています。

◇詳細◇

夜間拝観日程:3月30日~4月8日

東山花灯路:3月9日~3月18日

時間:18時~21時(受け付け終了)

拝観料金:大人 400円/小中学生 200円

清水寺の桜の時期の混雑状況!

では次に混雑状況についてお伝えします!

京都を代表する観光地なだけに1年を通して観光客で賑わう清水寺。

桜の時期ともなるとその混雑度は一気に何倍増しにもなります(;・∀・)

一体どこからこんなに人が集まってきたの?と思ってしまうほど、

本当に多くの人達が参拝に訪れます。

1番混雑するのはやはり見頃の時期の休日。

さらに平日の午後もなかなかの混雑具合です。

昼間の拝観ならば朝の早い時間。

ライトアップを見たいのならば、

終わり際の時間帯の方が比較的スムーズに拝観する事が出来ますよ。

また清水寺の拝観券は前売り券などはなく、

その場で購入しなくてはいけません。

特別夜間拝観に行きたいのならば

「昼間に券を購入しておく」という方法もあります。

普段なら「そんなに混んでるんなら他の所でいいかー」となるのですが、

清水寺の桜(特に夜桜)は混雑していても一見の価値ありです!

まとめ

いかがだったでしょうか?

京都でも随一の人気を誇る観光名所の清水寺。

写真撮影する際は三脚の持ち込みは禁止されているので注意してくださいね。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。