醍醐寺の桜の見頃2018!見所と混雑状況も紹介!


世界遺産に登録されている京都市伏見区にある醍醐寺。

「花の醍醐」とも言われていて、京都でも得に人気の桜の名所として知られています。

豊臣秀吉が催した花見の宴「醍醐の花見」はとても有名ですね。

今回はそんな京都にある醍醐寺の桜の2018年の見頃の時期、

また見所と混雑状況について紹介します!

スポンサーリンク

京都の醍醐寺の桜の見頃2018年はいつ?

醍醐寺は平安時代から続く桜の名所です。

境内はとても広く、

京都市南東にある醍醐山と笠取山に,

200万坪以上にもなる敷地を所有しています。

そんな醍醐寺の桜の見頃は3月中旬から4月上旬頃。

開花期間中は約1000本にもなる桜が境内各所で咲き乱れます。

参道入り口から広がる桜並木。

憲深林苑のかわづ桜、樹齢100年にもなるソメイヨシノ、

三宝院の大紅しだれ、金堂側にある大山桜など。

どれもとてもキレイで見る人々を魅了します。

また醍醐寺には100以上もの堂搭があり、

五重塔をはじめ国の重要文化財や国宝なども多く存在しています。

歴史的建造物と桜のコラボレーションはとても美しく、

毎年約22万人もの人が参拝に訪れるほど。

ちなみに豊臣秀吉が催した「醍醐の花見」が、

今のお花見スタイルのルーツになっているようです。

◇基本情報◇

見頃:3月中旬から4月上旬

本数:約1000本

料金:

《拝観券》(三宝院・ 霊宝館・伽藍)

【通常期】大人 800円/中高生 600円

【春・秋】大人 1500円/中高生 1000円

※春・秋→3月20日~5月15日/10月15日~12月10日

※通常期→春・秋以外

《上醍醐 入山料》

大人 600円/中高生 400円

※拝観券を持っている場合→大人 500円/中高生 300円

時間:【3月1日~12月第1日曜日】9時~17時

【12月第1日曜日の翌日~2月末】9時~16時30分

住所:京都市伏見区醍醐東大路町22

電話:075-571-0002

醍醐寺公式サイト

醍醐寺の桜の見所を紹介!

先ほどもお伝えしたように、様々な種類の桜が植えられている醍醐寺。

その中でも1番の見所といえば、

毎年4月の第2日曜日に行われる「豊太閤花見行列」。

豊太閤花見行列とは、

豊臣秀吉が催した「醍醐の花見」にならって行われる行事です。

秀吉はこの花見の為に約700本もの桜を植え、

三宝院と庭園を作り約1300人もの人を招待して

盛大に宴を行ったと言われています。

行列の当日は、

スポンサーリンク

約200人が桃山時代の装束で身を包み広い境内を練り歩きます。

豊臣秀吉はもちろんの事、淀殿や北条所、

福島正則などの歴史的人物に扮して行われるこの行列は、

とても賑やかで見る人々を楽しませます。

また特設舞台も設置され、舞楽の奉納なども行われますよ。

三宝院は行列の出発1時間前から出発までの間、

拝観が出来なくなってしまうので注意してくださいね。

◇豊太閤花見行列◇

日にち:2018年4月8日

時間:13時~15時

醍醐寺の桜の混雑状況は?

京都でもとても人気のある醍醐寺の桜。

混雑具合はというと・・・

やはりとても混雑しています(;・∀・)

土日ともなると開門前から人が並んでいるほどの人気ぶりです。

ただ醍醐寺は境内の敷地がとても広く、

身動きが取れないほど人でギュウギュウになるという事はなさそうです。

平日を狙って行けば、

土日よりはゆっくりお花見を楽しむ事が出来ますよ。

またそれに伴って周辺道路も渋滞はま逃れません。

公共交通機関を利用するか、

車の場合はかなり余裕を持って出発する事をオススメします。

さらに豊太閤花見行列は、混雑必須の人気行事です。

「最前列で見たい」という場合は、

早めに場所を確保しておく方がいいでしょう。

まとめ


いかがだったでしょうか?

醍醐寺には下醍醐と上醍醐があり、

上醍醐まで行くには入山料が必要ですし、

上から桜林を望む事は出来ません。

上醍醐までは登り道で片道1時間ほどかかります。

途中で下山してしまう人もいるので、

お花見が目的ならば間違って入山してしまわないように注意してくださいね。

もちろん上醍醐にも国宝などの見所はありますので、

興味のある方は動きやすい服装で行く事をオススメします。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。