仁和寺の桜の見頃2018!御室桜の開花状況と混雑情報を紹介!

遅咲きの桜として有名な京都・仁和寺にある「御室桜」。

御室桜の後ろには五重塔がそびえ立ち、

その景色は風情があり、毎年お花見に訪れる人達を魅了します。

今回はそんな世界遺産である仁和寺の2018年の桜の見頃の時期と、

御室桜の毎年の開花状況、さらに混雑情報も紹介します!

スポンサーリンク

仁和寺の桜の見頃2018!

京都府右京区にある仁和寺。

真言宗御室(おむろ)派の総本山で、世界遺産にも登録されています。

仁和寺の桜の歴史は古く、

江戸時代から庶民の桜として親しまれてきたのだそうです。

そんな仁和寺の桜の見頃は4月上旬~中旬頃。

仁和寺の桜といえば御室桜(品種:御室有明)が有名ですが、

実はソメイヨシノやしだれ桜もあります。

ソメイヨシノとしだれ桜の見頃は4月上旬頃、そして御室桜は4月中旬頃です。

毎年約200本もの御室桜、

>境内全てを合わせると約550本もの桜が境内に咲き誇り、参拝客達を魅了します。

開花時期の違う桜がある事から、

長期間桜を楽しむ事が出来るのが仁和寺の魅力ですね。

京都市内の桜がほとんど散ってしまっている時期に、

まだお花見が出来るとあってとても人気のお花見スポットです。

また、毎年桜の時期になると期間中だけ特別入山料がかかります。

◇基本情報◇

見頃:4月上旬から中旬頃

本数:約200本

料金:大人 500円/子供 200円

時間:8時~17時

住所:京都市右京区御室大内33

電話:075-461-1155

仁和寺公式サイト

仁和寺の御室桜の開花状況は?

その年の気温や天候によって変動する桜の開花時期。

ここ数年の開花状況はどのような感じなのでしょうか?

【2014年】

・開花→4月5日

・満開→4月10日~13日

【2015年】

・開花→4月4日

・満開→4月8日~11日

【2016年】

・開花→4月5日

・満開→4月9日~12日

【2017】

・開花→4月11日

・満開→4月15日~17日

このように咲き始めから満開まで、本当にあっという間です。

仁和寺の御室桜は昔から和歌などにも読まれている有名な桜。

特徴は樹高が約2メートルと低く、根本から枝分かれしています。

花がおおぶりで色が濃い事から「お多福桜」とも呼ばれています。

是非とも満開を見たいという方は、

仁和寺のホームページをチェックしてみて下さい。

毎年3月下旬頃から桜の開花状況について、最新情報がアップされます。

また個人的なオススメなのは散り始めの時期。

満開の御室桜はまさに絶景ですが、

花びらの舞う散り始めの桜のもなかなか風情があっていいものです。

地面に広がるピンク色の桜の絨毯もとてもキレイです。

御室桜の桜林は中門をくぐり、金堂へ向かう途中の左側にありますよ。

【2018年4月9日 追記】

仁和寺にお花見に行ってきました。

例年だと丁度見ごろの時期なのですが、

雨の影響でか桜はほとんど散ってしまっていました・・・。

ほぼ葉桜です(^^;

スポンサーリンク

それでもまだ綺麗に咲いている桜や、

ツツジも咲いていたので十分楽しめました^^

まだまだ観光客の方も多く、

仁和寺までのバスはとても混雑していましたが、

境内はそれほど人が多い感じではなく、

ゆっくり観桜する事が出来ましたよ^^

仁和寺の桜の時期は混雑する?

では次に仁和寺の混雑状況をお伝えします!

「桜の名所100選」にも選ばれている事から、

京都でもとても人気のある仁和寺の桜。

毎年約10万人もの人が、この桜を見に仁和寺へ足を運びます。

混雑状況はと言うと・・・

やはり混雑必須の人気スポットになります。

御室桜は遅咲きなので、

満開の頃になると京都では他で桜を楽しめる場所がほぼない状態です。

したがって多くの人が仁和寺に殺到し、仁和寺周辺もとても混雑しています。

また観音堂南の桜苑はそこまで広いというわけではなく、

それも混雑の要因になっているのかもしれません。

期間中は周辺道路も渋滞が予想されます。

混雑を避けたい場合は、拝観開始時間を狙って行くのがオススメです。

まとめ


いかがだったでしょうか?

仁和寺の桜は、江戸時代の儒学者・貝原益軒が書いた「京城勝覧」にも

京都の名所として紹介されています。

この歴史ある桜は是非とも1度は見てもらいたい、

歴史あるとてもキレイな桜ですよ。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。