大阪城の梅の見頃はいつ?梅林の場所と見所を紹介!

桜の名所としても有名な大阪城ですが、

桜より一足早く春の訪れを感じさせてくれる梅もとても人気です。

広さ約1.7haにもなる広大な敷地に広がる梅林はとても美しく、人々を魅了します。

今回はそんな大阪城公園の梅の見頃の時期と、

観梅を楽しむ事が出来る梅林の場所、さらに大阪城公園ならではの梅の見所を紹介します!

スポンサーリンク

大阪城の梅の見頃はいつ?

大阪城の梅林には、なんと100品種以上。

およそ1270本もの梅の木が植えられています。

そのため早咲き・普通咲き・遅咲きとみる品種によって見ごろが違い、

1月~3月と長い期間観梅を楽しめるのが魅力です。

◇品種ごとの見頃の時期です◇
・早咲き(初雁・寒紅・冬至梅 他)→1月上旬から1月下旬
・普通咲き(鹿児島梅・夫婦梅枝垂れ・南梅 他)→2月中旬から3月上旬
・遅咲き(豊後梅・武蔵野・鹿ノ谷紅梅 他)→3月上旬から3月下旬

そして一番の見頃は3月上旬~中旬にかけて。

例年通りだとこの時期が一番満開の梅の花が多いのでおすすめです。

100品種もあるので珍しい品種も多いのですが、

そんな梅の木の中でも得に人気なのが「華農玉蝶(かのうぎょくちょう)」という品種。

梅の花の中にさらに蕾が付くとても珍しい品種で全国にたった5本しかなく、

そのうちの2本が大阪城公園内の梅林にあります。

梅の木の前に品種名の看板が出ているので是非探してみてくださいね。

大阪城の梅はどの場所で見られるの?

大阪城公園は大阪市が運営している都市公園で、大阪のほぼ中心部にあります。

天守閣を中心に東西南北に広がっていて総面積は約100ha。

敷地内には歴史的建造物をはじめ、梅・桃・桜などの各観光名所も点在しています。

そして梅見が出来る梅林は天守閣の東側、外堀と内堀に挟まれたところに位置しています。

この梅林だけでも広さは約1.7haにもなるのだそうです。

電車で来られる場合は、

「大阪ビジネスパーク駅」「森ノ宮駅」「大阪城公園駅」から、

共に徒歩10分前後くらいでの到着になります。

スポンサーリンク

大阪城の梅の見所を紹介!

大阪城の梅林の魅力の1つはその品種の多さだと先ほどお伝えしましたが、

他の大阪城公園ならではの見所とはいったい何なのでしょうか?

やはり一番に思い浮かぶのは「大阪城」ですよね。

大阪城公園の梅林では、大阪城をバックに梅を撮影する事ができます。

さらに天守閣から観梅するという方法も。

入場料が大人600円かかってしまいますが、

城下に広がる広大な梅林は近くで見るのとはまた別の美しさがあります。

残念ながら梅林は夜間のライトアップはしていないのですが、

外灯の薄明かりの中、夜の梅見デートというのも風情があっていいものですよ。

また2018/2/25(日)まで梅林とは反対、西側の西の丸庭園で「大阪イルミナージュ」というイルミネーションのイベントをしています。

そちらと合わせて梅見も楽しむというのもいいかもしれません。

梅は春の風物詩といいますが、まだまだ寒い時期でもあります。

防寒対策をしっかりして観梅を楽しみましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか?

梅の見頃の季節になると少ないですが屋台が数軒、小さいながらも常設の売店もあります。

レジャーシートを持参してピクニック気分を味わうも良し!

歩き回って色々な品種を楽しむのも良し!

ぜひ自分だけの楽しみ方を見つけてみてください。

そろそろ梅の季節ですね。 関西にはたくさんの梅の名所やイベントがありますが、 今回は大阪の梅のおすすめの名所について紹介します! 梅の花の見ごろから、穴場スポットまで。 どの観梅スポットも見所満載です!
京都観光と言えば桜や紅葉が有名ですが、実は梅の名所もたくさんあります。桜よりも一足早く春の訪れを感じさせてくれる梅の花。開花期間中は様々な催しやライトアップなど見所満載です。今回はそんな京都の梅の観光名所を定番から穴場までおすすめを紹介します。
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。