滋賀県の初詣は近江神宮へ!駐車場と混雑の状況は?

「ちはやふる」で一躍有名になった全国競技かるた大会の開場である近江神宮。

滋賀県では人気の初詣スポットで、毎年の参拝者数は15万人と言われています。

そこで今回は駐車場や混雑の状況、狙い目の時間帯などを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

滋賀県の初詣は近江神宮へ!

そもそも「近江神宮」とは1940年に創建された比較的新しい神社で、

天智天皇を主祭神としています。

開運の方向へ説き示す、時の神様、導きの神様として御加護があり、

産業や文化、学芸の守護神として崇敬されています。

初詣の終夜参拝可能なのは12月31日~1月3日まで。

1月1日~1月5日までは甘酒所が開設され、1杯300円で購入する事が出来ます(*´ω`*)

おみくじは筒を振って出す「降りみくじ」と、箱から直接取り出す「折みくじ」、

ちはやふるの漫画のシーンが描かれた「ちはやふるおみくじ」がありますよ。

お守りも近江神宮特有のものが2つ用意されています。

チャンスを確実に獲得するための、決断と前進への守護符「ときしめす守」。

過去、未来、現在を見つめ、将来の開運を展望する「三つ目守」。

どちらも価格は1000円で販売されています。

そして、初詣といったら屋台も気になるところ。

近江神宮は参拝者数が多い割には露店の少ない神社ですが、

それでも三が日までは結構賑わっています^^

露店の出ている時間帯は、12月31日22時頃~元旦の19時頃。

2日、3日は朝9時~18時頃までで、

5日くらいまでは出店していますが、やはりピークは3日まで。

5日になると数もだいぶ減ってしまっています。

昨年参拝に行った時は元旦の7時半頃でしたが、

閉まっているお店もかなりあったので、屋台を楽しみたい方は10頃くらいからがオススメです。

近江神宮への初詣は駐車場ってある?

近江神宮は、公共交通機関ではアクセスしやすいとは言い難い場所にある神社です。
(本数は多くないですが電車で行く事も可能です)

そのため車で参拝に訪れる方が多く、渋滞に巻き込まれる確率がかなり高くなります。

もともと近江神宮自体に、参拝者用の駐車場が200台分程あり、

初詣期間中は臨時駐車場も開放されるため、おおよそ500台程停める事が出来ます。

12月31の夜から1月5日までの駐車料金は、乗用車500円、バスが1000円。

交通安全祈祷の車は料金は無料です

500台もあれば余裕かな?とも思いますが、さすが人気の神社とあって、

9時頃には駐車場待ちの車の列ができ始めます(;・∀・)

スポンサーリンク

お昼頃になると、駐車するのに1時間くらいかかってしうなんて事もあったりして・・・。

なので待ちなしでスムーズに駐車したい方は、8時頃くらいまでに到着するのが良さそうです。

他にもすぐ側という訳ではないですが、周辺にコインパーキングもあるので、

そちらを利用するのも渋滞を避けるコツではないでしょうか。

それとその年にもよりますが、雪が積もっていることもあるので、

雪になれていなかったり、少しでも心配な方は、事前に天候のチェックも必要です。

近江神宮の初詣の混雑状況は?狙い目の時間帯はここ!

やはり大晦日~3日にかけては、かなり混雑しています。

それでも伏見稲荷大社のように、身動きがとれない程ではないですが(;・∀・)

1番のピークが大晦日で、2日・3日はお昼頃が混雑のピークになります。

去年は元旦の7時過ぎ頃に到着しましたが、駐車場も空いていたし、

参拝もスムーズに終えることが出来ました^^

ただご祈祷を希望していたり、おみくじを買いたい人は、

受付時間や販売の時間が決まっているので注意が必要です!

【ご祈祷受付け時間】
元旦→午前0時~18時頃
2日以降→9時~17時

【おみくじ販売時間】

元旦→終日
2日・3日→8時30分~22時

去年参拝に行った時の事なのですが、

帰り際(8時30分くらいかな?)には参拝者数も多くなってきていたので、

初詣の参拝で混雑を外したい場合は、早朝(8時くらいまで)か夕方19時頃が狙い目です!

まとめ

いかがだったでしょうか?

大津市にあるので京都や大阪からでも参拝に行ける距離にありますが、

やはり県を跨いでいる分気温も低くなっています。

山の上というわけではないですが、雪が積もる事もある場所なので、

寒さ対策をしっかりして、新年そうそう風邪を引かないようにして下さいね(*´ω`*)

関西屈指の紅葉の名所として知られている滋賀県大津市のある日吉大社。 初詣もたくさんの参拝客で賑わっています。 そんな日吉大社の初詣での混雑状況や、駐車場の混み具合、ご利益などについて紹介したいと思います。
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。