バレンタインやホワイトデーのお菓子の意味!あげるものによって違う?一覧で紹介!

バレンタインと言えばチョコレート、ホワイトデーといえばクッキーが定番。

最近では本命チョコや義理チョコ以外にも、

友チョコやマイチョコ、逆チョコなど色々な種類があります。

ではチョコレート以外を貰った・あげた場合、

あげるものによって意味が違う事をご存知でしょうか?

今回はそんなお菓子の意味を一覧で紹介します!

スポンサーリンク

バレンタインのお菓子の意味を一覧で紹介!

バレンタインのお菓子を贈る時、そのお菓子によって意味が違う事を知っていますか?

本命でも義理でも定番はやはりチョコレート。

ちょっと違う物をプレゼントしようと何気なくプレゼントしていると、

相手に勘違いされてしまうかもしれません。

困ったことにならない為にも、あげるものによっての意味を一覧で紹介します!

クッキー

クッキーの意味は「友達」。

クッキーのサクっとした軽い食感からきているそうで、

軽い食感→軽い関係→友達  となるようです。

また一度に大量生産できることもあり、

本命ではなく義理チョコとして渡す人が多い事も理由のようです。

マカロン

マカロンの意味は「特別な人」。

他のお菓子に比べると値段の高い印象があるマカロン。

高級→特別→特別な人   となるようです。

本命に送るのならマカロンもありかもしれません^^

キャンディー

キャンディーの意味は「好き」。

食べると溶けるまで時間のかかるキャンディー。

食べ終わるまで長く楽しめる→末長く一緒に居たい→好き  となるようです。

最近では可愛いキャンディー専門店も増えてきています。

インターネットでも購入できるので、気になる方はチェックしてみては?

キャラメル

キャラメルの意味は「安心できる人」。

甘~く、どことなく懐かしさを感じるキャラメル。

優しい味→食べると落ち着く→安心できる人   となるようです。

仲のいい相手や友チョコにピッタリかもしれません。

バームクーヘン

バームクーヘンの意味は「幸せが続きますように」。

何層にも重なって出来ているバームクーヘン。

生地が重なっている→幸せを重ねる→幸せが続きますように  となるようです。

バームクーヘンが結婚式の引き出物などでよく使われるのも、

この理由から来ているようです。

マドレーヌ

マドレーヌの意味は「仲良くなりたい」。

日本では昔から二枚貝の形は縁起がいいとされてきました。

スポンサーリンク

夫婦円満や縁結びなどの意味があり、

貝殻がぴったりと合わさる様子→円満な関係→もっと仲良くなりたい  となります。

本命以外に友達などにも使えそうですね!

マロングラッセ

マロングラッセの意味は「永遠の愛」。

紀元前にマケドニアの英雄であるアレキサンダー大王が、

最愛の妻の為に作ったお菓子がマロングラッセ。

これがヨーロッパ習慣となり、

永遠の愛を誓う証として男性から女性に贈られるものなのだそうです。

ティラミス

ティラミスの意味は「元気づけて」。

イタリアの代表的なお菓子のティラミス。

イタリア語だと「Tiramisu’」と書きます。

これを3つに分解すると・・・

「tira→引っ張る」「mi→私」「su→上に」 となります。

私を上に引っ張って→私を引き上げて→私を元気づけて  という事なのだそうです。

マシュマロ

マシュマロの意味は「嫌い」。

口に入れるとすぐに溶けてしまうマシュマロ。

すぐに溶ける→すぐに無くなる→嫌い  という事なのだそうです。

最近では「ギモーヴ」として、オシャレでちょっと高めの物が販売されていたりしますが、

こんな意味があったなんて衝撃ですね(;・∀・)

まとめ

いかがだったでしょうか?

グミにも嫌いという意味があるらしいのですが、

ちゃんとした理由があるのかは定かではないようです。

あげる物によって意味の変わるお菓子たち。

あなたは今年、何を贈りますか?(*´ω`*)

バレンタインといえばやっぱりチョコレートが定番ですが、チョコレートが苦手な人だって実は意外と多かったりします。今回はチョコレートが苦手な相手にプレゼントする人や、毎年チョコだから今年は違うものをあげたいな~と考えている人向きにチョコ以外の食べ物について紹介していきます!
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。