冬に花火大会が少ないのはなぜ?魅力は?服装はどうする?

「夏といえば花火」「冬といえばイルミネーション」というイメージがありますが、

花火は夏だけのものではなく、実は冬も楽しめちゃうんです!

じゃあどうして冬に花火大会が少ないのか?という事から、

冬の花火大会の魅力、服装で気を付けたい事について紹介します!

スポンサーリンク

冬に花火大会が少ないのはなぜ?

夏の風物詩である花火大会。

最近では冬に開催されている物もありますが、やっぱり夏のイメージが強いですよね。

でも花火大会って夏じゃないといけないっていう決まりがある訳ではないんです。

花火大会が夏に多い理由は諸説ありますが、

「死者の霊の供養のため」

「昔は川開きに使用されていたから」

というのが有名です。

死者の霊の供養の為

もともと花火は迎え火や送り火、回り灯篭や精霊流しのように、

お盆の時期に鎮魂の意味を込めて打ち上げられていたものだったというものです。

お盆とは、ご先祖様の霊が年に1度だけこの世に戻ってくるとされている期間の事で、

毎年8月15日前後がいわゆるお盆とされています。

まず8月13日にご先祖様を迎えるための「迎え火」。

そして8月16日にご先祖様が迷わず帰れますようにと「送り火」を焚きます。

この「送り火」という習慣から花火大会をするようになったのではないかと言われているようです。

川開きに使用されていた

江戸時代の墨田川の夕涼みにまつわるものです。

花火は当初、舟遊びのお客さんが花火船が売りに来るものを買って、

なんと自分たちで勝手に打ち上げていたんだそうです(;・∀・)

危なくなかったんでしょうか・・・^^;

その後、水難者や水難事故、また大作凶やコレラが大流行したことから、

供養の意味も込めて水難祭を行い

その時に打ち上げた花火が名物になったと言われています。

その国によって花火から連想される季節はさまざまです。

なかでも夏の季節の風物詩として有名なのは日本だけ。

ヨーロッパでは新年のカウントダウン、アメリカでは独立記念日など、

歴史的な記念日やお祭りなどで花火大会が開催されることが多いようです。

冬の花火の魅力とは?

夏の花火大会の魅力とは、やっぱりたくさん立ち並ぶ出店。
片手にビールをもってのんびり花火見物というのが花火大会の醍醐味ではないでしょうか。

私も毎年いっている地元の花火大会の時には、

レジャーシートにクーラーボックスはもちろん、

からあげや枝豆を事前に準備し、遅くても始まる1時間前現地に到着!

というような気合いの入れようです^^;

では、冬の夜という寒いなか見る花火大会の魅力とはなんなのでしょうか?

理由は冬の方が花火がキレイに見えるという事みたいです。

冬の空気は冷たいので空気中で光の屈折が起こりにくく、

スポンサーリンク

偏西風などの強い空気の流れによって埃や塵が風で運ばれていくので、

花火を見るには夏よりも摘しているという事。

1度だけスキー場のイベントの花火大会を見た事がありますが、

まわりの雪景色もあってか本当にすごく感動した記憶があります。

さらに最近では、冬の風物詩であるイルミネーションとセットで見られる場所もあるので、

デートスポットとしても人気があるようです(*´ω`*)

冬の夜空に色鮮やかに映える「冬花火」

これは見に行く価値ありです!

冬の花火大会の時の服装ってどうしたらいい?

やっぱり気になるのが服装です。

花火を見るとなると、長時間じっとしているので寒いのは間違いありません。

スキー場で行われている花火大会はほぼ全員がスノーウェアを着ていましたが、

単純に花火大会として開催されているものであれば、

さすがにウェアを着ていくわけにはいきませんよね(;・∀・)

キーワードはもちろん「防寒」です。

インナーにヒートテック、手袋やマフラーは欠かせません。

さらに靴下にカイロを貼ったり、ニット帽を被るのも効果的です。



最近は裏起毛の洋服も色々なラインナップがあるので、

そういったものを取り入れるのも一つの手ですね。

足元の冷えが気になるのであれば、ボアブーツを履くなどの工夫で改善されます。

またファーアイテムもあったかグッズとして有効的ですよ^^

オシャレも大事ですが、風邪を引かない事も大切です。

冬の花火大会は想像以上に冷えるので、

風邪を引かないよう十分に防寒してお出掛けしましょう(*´ω`*)

まとめ

冬と夏とで楽しみ方が変わる花火大会。

夏はビールが定番ですが、

冬は豚汁やおでん、おしるこなどの屋台が出ている事もあります。

温泉地で開催されているものもあるので、

花火のあとに温泉でゆっくりあったまるというのも、

冬ならではの楽しみ方ではないでしょうか。

毎年山梨県の富士山の麓、河口湖で行われる花火大会。 なんと夏だけではなく冬にも開催されているこのイベントは、今や季節の風物詩としても有名です。雪化粧の富士山をバックに打ち上げられる花火はとても煌びやかで、まさに絶景!そんな河口湖の冬花火の駐車場の情報や、混雑状況、屋台があるのか?について紹介します。
富士五湖のひとつである河口湖。 そこで毎年開催されている冬花火は、 たった20分間だけど見ごたえがあると人気のイベントです。 今回はそんな冬花火を見る事の出来るホテルや旅館、 周辺で観光出来る場所について紹介します。
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。