成人式は子供連れて参加する?それとも子供を預ける?服装は?

「子供から大人へ」

その節目として存在する成人式ですが、

結婚し一足先に大人の仲間入りを果している人もいます。

すでに子供がいる場合、成人式って子連れでも出席できるのでしょうか?

また子連れの場合、子供の服装はどうしたらいいのか?について紹介します。

スポンサーリンク

成人式は子供連れて参加しても大丈夫?

日本では法律上、まだ20才未満であっても婚姻すると成人したとみなされます。

すでに結婚し子供を出産していても、人生で一度きりの成人式。

出来るものなら出席したいですよね。

子育てに追われ友人ともなかなか会えない状態ならば、

尚更成人式への思いは強くなる一方です。

基本的には、どこの自治体でも子連れNGと書いている所はありません。

しかし対象者の欄に「新成人のみ入場可能」と書かれている自治体もあるので、

事前に担当の自治体へ問い合わせてもらうと確実です。

そして子供がまだ小さく、式典中にぐずったりする事がある場合、

周りの方に迷惑をかけてしまう事になります。

子連れでも大丈夫ですが、すでに大人の仲間入りを果たしている以上、

最低限のマナーや周りへの配慮は必要になってきますね。

成人式は子供を預ける場合は?

式の当日は、やはり自分の用意などで朝からバタバタする事になります。

なのでご家族や子供のママ友などに預かって貰えるのならば、

それが一番いいのではないかと思います。

しかし「旦那は仕事、実家は遠いし、まだママ友もいない・・・」という場合など、

地域によっては式典中に預かってもらえる託児所がある場合があります。

これも事前に問い合わせが必要になってきます。

「預かってくれる人もいない」「託児所もない」

でも、子供を連れて式に参加するのはちょっと自信がないなぁという時は、

地域の一時預かり保育や、ベビーシッターなどにお願いするなどの方法があります。



一時預かり保育の場合、認可保育園か認可外保育園かで相場が変わってきます。

認可保育園の場合は1日2000円~5000円。

認可外保育園の場合は1日6000円~15000円です。

その他にもおやつ代やお昼ご飯代、延長料など別途費用がかかってくる事もあり、

施設によっては初回登録料として2000円~30000円かかる場合もあります。

認可保育園の値段は、各自治体によって違うので事前に確認しておきましょう。

また比較的安価な認可保育園は人気があるので、

希望した日に利用できない事があります。

スポンサーリンク

どのように申請できるかなど、余裕をもって確認しておくのがポイントです。

ベビーシッターを利用する場合の料金は、

数時間パックになっていいるところや1時間単位で料金の設定をしているところがあり、

相場は1時間あたり1000円~4000円ほど。

こちらも入会金や会員登録の年会費が別途必要な場合があるので、

事前にチェックしておくといいでしょう。

成人式での子供の服装は?

では子供を成人式に連れていく場合、子供の服装はどうしたらいいのでしょうか?

この場合、特に子供も正装しなければならないという決まりはありません。

しかし、あまりにも汚れていたりヨレヨレだったりするのは避けるべきだと思います。

清潔感のある服装であれば普段着でも問題ありません。



「普段着はちょっと・・・」と気になるのであれば、

インターネットなどで子供用の礼服も販売していますよ。

「ベビーフォーマル」などで検索するとたくさん出てきます^^

式当日はとても寒いので子供が風邪を引かないよう、しっかり防寒対策はしていきましょうね。

そして式に出席するご自身の服装は、

子供を連れていく場合は、やはり動きやすいドレスで行くという意見が多いようです。

成人式といえば振り袖、婚姻されているなら留袖でしょうか。

どちらを着るのも個人の自由ですが、

よだれで汚れてしまったり、ぐずった時にあやしたりしなければなりません。

普段着慣れていない分、トイレに行くのも一苦労だったりします。

小さい子供がいる場合は、確かに動きずらいかもしれませんね(;´・ω・)

まとめ


旦那さんや家族にサポートしてもらえるのならば、

式典中はロビーで子供と待っておいてもらうなどの方法もあります。

一生に一度の成人式。

子供がいるからって出てはいけないという決まりはありません。

どうぞ悔いのない選択をしてくださいね^^

成人式を迎える皆様おめでとうございます!急に「大人の仲間入りです」なんて言われてもピンとこないかもしれません。成人式を迎えるに当たって、周りの方からお祝いを頂いたという人も少なくはないはず。そんな時、お返しって必要なのかどうかご存知でしょうか?今回は「成人式のお祝いのお返し」についてまとめてみました。
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。