成人式に行きたくないのに親が反対!行かないで写真だけ?家族でお祝い?

成人式の最近の出席率ってだいたい50%~70%といわれています。

地域差はあるかもしれませんが、仕事などで「行けない」のは仕方ないとして、

「行かない」選択肢を選ぶ人が増えてきているようです。

今回は成人式に行きたくないのに親が行きなさいという時、

どういった解決策があるのか?について紹介します。

スポンサーリンク

成人式に行きたくないのに親が反対!どうする?

そもそも成人式とは、何のためにあるのでしょうか?

最近では大規模な同窓会のようなイメージが先行しますが、

決して仲のいい友人達と思い出話に花を咲かせるだけの場ではありません。

成人式とは「親から自立し大人への仲間入りをする事を自覚する」為の式になります。



今まで大切に育ててきた子供に、

一つのけじめとして成人式に出てほしいと考える親もいる事でしょう。

さらに成人式は一生に一回だけ。

あとから成人式に出なかったことを後悔してほしくないとも思っているはずです。

しかし、実際に式にでるのは子供である自分自身。

自分が「成人式には出たくないと」思うのならば、私はそれでいいと思います。

別に式に出なくても大人にはなれるのですから。

ただ曖昧に「なんとなく成人式にはいきたくない」という理由では、

親も「はい、そうですか」と納得はしてくれません。

どういった理由で成人式に出たくないのか、理由を明確に伝えしっかり話合う事が大切です。

例えば、「昔の友人に会いたくない」「友達がいないから行きたくない」など。

出たくない式に無理やりでるのは苦痛以外の何物でもありません。

「行かないと後悔するよ」と言われて出てみたけど、

「行った後悔の方が大きかった」という話も聞きます。

理由を伝えてみても納得してもらえなかった場合、

逆に「どうしてそんなに成人式に出てほしいのか?」という事を聞いてみるのもありです。

子供の為の式ですが、親にとっても成人式は子育ての1つの節目になります。

この機会にとことん向き合ってみてはいかがでしょうか?

成人式に「出る・出ない」の話し合いが平行線だった場合、

お互いの妥協点をとして次のような方法もあります。

成人式には行かないけど写真だけ撮る!

話し合いの末どうしても折り合いがつかないという場合、

成人式に行かない代わりに写真撮りだけするという選択肢もあります。



親にとっても大事な節目である成人式。

大人になった記念として晴れ姿を見たいと思っているかもしれません。

子供が娘だった場合、小さいころから成人したら振り袖姿を見たいな~なんて、

密かに楽しみにしていたかもしれませんよ。

今まで育てて来てもらったのです。

成人式に行かない理由は人それぞれですが、

スポンサーリンク

親孝行と思って写真撮影だけでもしてみてはいかがでしょうか?

ちなみに写真撮りの相場は・・・だいたい2万円~5万円。

振り袖などのレンタル代も含んでの金額になります。

出来るだけ金額を押えたいという場合は、

個人のお店よりも大手チェーン店の方が値段は安めの傾向にありますよ^^

成人式は家族だけでお祝いしよう!

もう一つの方法は成人式には行かず、家族だけでお祝いするというもの。

家族で神社に出向き、無事に大人の仲間入りができた事を神様に報告します。
いわば家族だけの成人式ですね。

昔は成人式には新成人が全員で神社に参るというのも式の一部だったようですよ^^

まあ、成人の日だからと言って神社で何か行事があるという訳ではないのですが・・・。

その後家族で食事をしに行くということを提案してみてはいかがでしょうか?

親戚や祖父母に会いに行くのもいいですね。

きっととても喜ばれる事でしょう^^

行きたくもない成人式に出て嫌な思い出が残ってしまうのならば、

こういった方法で回避するしかありません。

「一生に一度だから」とよく言われますが、それは親にとっても同じこと。

その子供の成人式はその1回しかないのです。

「成人式に行かない」で押し通す事も出来るかもしれませんが、

大人の仲間入りをしたのです。

あとあと後悔のないようしっかり自分の意志を伝えましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

「行く・行かない」を最終的に決めるのは自分自身。

親に「行きなさい」と言われたから式に出席するっていうのもなんだか幼稚な感じがします。

しっかりと話し合って後悔のない選択をしましょう。

卒業、入学、結婚など人生の節目には必ず式があります。その一つである成人式。男性はスーツや袴、女性はドレスや振袖などを着て式に臨むのは一般的ですね。そんな通過儀礼である成人式の参加資格についてや、参加場所の決め方、引っ越した場合など違う地域でも式に出席できるのか?について紹介します。
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。