引越しの挨拶で手土産の相場は?おすすめと渡し方も紹介!


引越しの挨拶の際に渡す手土産。

高すぎても気を使わせてしまいそうだし、安すぎても失礼に当たりそうだし・・・。

いったい相場はいくらくらいなのでしょうか?

また今回は手土産で喜ばれるおすすめの品や、失敗しない渡し方を紹介します!

スポンサーリンク

引越しの挨拶で手土産の相場はどれくらいなの?

引越しに欠かせない挨拶まわり。

手土産を渡す場合、いったい他の人はどれくらいの値段のものを渡しているのでしょうか?

一番多いのは1000円未満という意見。

粗品を渡した相手に「気をつかわせない程度のもの」というのが粗品選びのポイントです。

高価な物を渡してしまうと「お返しを渡さないと」と逆に迷惑になってしまうかもしれません。

また引越しは何かと費用のかかるものです。

配る人数にもよるかもしれませんが、

自分にも負担がかかりすぎない物を選ぶといいでしょう。

また管理人さんや大家さんへは、

1500円くらい~3000円までの物を渡す方が多い傾向にあるようです。

このように相場の値段をのせてしまうと

「それくらいの値段の物を買わなければ!」と思ってしまいますが。

「絶対に大家さんへは1500円以上じゃないと!」なんて事はありません。

別に手ぶらで挨拶に行っても本当は問題はないのです。

しかしちょっとしたものでも、あるのとないのとでは印象が違ってきますよね。

「どうしても予算がそこまで出せない・・・」というのならば、

BOXティッシュ1つでもかまいません。

要は気持ちの問題なのです。

あくまでも挨拶の粗品はプレゼントではなく心配りです。

手ぶらで挨拶に行くよりも何かちょっとした物を持っていくだけで、

相手からのあなたのイメージがグンッと好印象にうつるかもしれませんよ。

引越しの挨拶で手土産のおすすめを紹介!

引越しの挨拶の手土産といえば、「消耗品」「お菓子」あたりが定番ですよね。

その中でも私が今までに頂いた中で1番困ってしまったのが

「食品・お菓子」関係でした(;・∀・)

家族全員があまり好みでないものを頂いたり、また生菓子を頂いたことも・・・。

お気持ちは本当にとっても嬉しいのです。

しかし、食べられない物だとどうしたらいいものかと悩んでしまいます。

さらに生菓子の時は他の家族は泊まり勤務と私用で在宅しておらず、家にいるのは私だけ・・・。

こんな風に残念な結果に終わってしまう事もあります。

また最近ではアレルギーの問題なんかもあり、

食品・お菓子関係はなかなか選ぶのが大変です。

そういった事を考えるとやはり「消耗品」というのは

「貰って嬉しかった」という意見が多い傾向にあります。

具体的な例をあげると・・・

・タオル

・ハンカチ

・ティッシュ

・入浴剤

・洗剤

・洗濯洗濯

・ラップ

・市指定のゴミ袋 などなど

洗濯洗濯や食器洗剤は決まった物を使っている場合などがあり、

また入浴剤など香り系の物も好みが別れてしまうので、

出来れば避けた方がいいかもしれません。

私が貰って嬉しかったものは、

スポンサーリンク

・サランラップのセット

・鼻セレブのBOXティッシュ

・フキン、タオル

特に鼻セレブは自分では買うことがないので、結構嬉しかったですね(^^)

最近でもやはり無難にタオルを選ぶ人が多く、かつ万人受けする傾向にあるようです。

何がいいのか分からないから、

とりあえず菓子折りをという場合は日持ちのするものを選ぶのがポイントです。

引越しの挨拶の手土産の失敗しない渡し方!

では次に失敗しない手土産の渡し方を紹介します。

手順としては、

挨拶→手土産を取り出す→一言添えて渡す という単純なもの。

とっても簡単な事なのですが、やはり手土産を渡す際のマナーが存在します。

まず挨拶では、「本日(先日)○○に越してきた△△と申します。」と自己紹介から入ります。

そして引越し当日の荷物の搬入などで、

どうしても騒がしくなってしまうので迷惑をかけてしまった旨、

また子供がいる場合は

「これからご迷惑をお掛けするかもしれませんが・・・」など一言添えるといいでしょう。

次に紙袋から手土産を取り出します。

この時、相手からのしが読める向きに変えて両手で手渡して下さい。

「心もばかりの品ですが・・・」

「おきに召すとよろしいのですが・・・」

「ほんの気持ちですが・・・」

「評判のお菓子と聞きましたので・・・」

など何か一言付け加えて相手に手渡します。

「つまらないものですが・・・」というような謙遜する言い方は、

正しい意味が浸透していないという事から、最近ではあまり使われない傾向にあるようです。

そして手土産を入れていた紙袋は必ず持ち帰るようにしてください。

そもそも紙袋や風呂敷は手土産を汚れないようにする為の

「ホコリ避け」のような意味合いがあります。

紙袋まで渡してしまうと失礼にあたってしまうので気をつけて下さいね。

最後に「失礼します」や「慌ただしくて申し訳ありません」と言いながら、

一礼して挨拶を終えます。

このように玄関先で挨拶をする場合、

無理に話を引き伸ばしたり長話はせず失礼するのもマナーの1つです。

まとめ


いかがだったでしょうか?

引越し馴れしていればなんて事ない事かもしれませんが、

初めての挨拶まわりはやっぱり緊張するものです。

挨拶に伺うときは出来れば家族全員で伺うのがベストですし、

家族がいることで緊張も少しは和らぐかもしれませんね。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。