源泉徴収票はいつもらえる?もらえない理由ともらうにはどうする?


年末調整や確定申告、色々な控除の手続きで必要な源泉徴収票。

とっても大切なものですが、いつ頃もらえるものなのでしょうか?

今回は源泉徴収票をもらえる時期についてと、

発行を申請したのにもらえない場合に理由はあるのか?

またもらうための方法を紹介します!

スポンサーリンク

源泉徴収票はいつもらえる?

もうすぐ確定申告の時期ですね。

皆さんはもう手元に源泉徴収票が届いているでしょうか?

源泉徴収票とは一般的には12月、遅くても1月末には配布されるのが通常です。

会社には年末調整といって、

各従業員の1年間の給与所得と国に納めた税金の収支を計算して,

税務署に提出する義務があります。

この提出期限が翌年の1月末までとなっているので、

遅くてもそれまでには手元に源泉徴収票が届いている事になります。

これはアルバイトやパートであってもかわりません。

【例】

H29年度分の源泉徴収票→H29/12~H30/1までに配布

また会社を退社した場合は退社日に渡される事が多いのですが、

遅くても1ヶ月以内には郵送で自宅に届くはずです。

これも法律で決められていて、会社は退社日から1ヶ月以内に源泉徴収票を発行しなければならないと定められています。

源泉徴収票をもらえない理由とは?

源泉徴収票の発行を会社に申請したのに、いつまでたってももらえない。

そんな時まず確認してもらいたいのは、雇い主側と雇用関係があったのかどうかです。

「え?働いてたんだからあたりまえでしょ?」と思いますが、

業務委託や請負の契約になっていた場合は、

個人事業主という扱いになるので源泉徴収はされません。

雇い主側と雇用者が雇用関係の時にのみ「給与所得」が発生します。

この給与所得があった場合のみ雇用主側は源泉徴収票を発行する義務があります。

次に雇用関係があったのに源泉徴収票を発行しれもらえない場合。

そんな事はあってはいけないのですが(;・∀・)

会社がいい加減だったり、揉めて辞めたりすると、

なにかと理由をつけてなかなか源泉徴収票を発行してもらえないという事もあるようです。

スポンサーリンク
確定申告や諸手続きで必要な源泉徴収票。最近では給与明細など様々なものが電子化されていますが、電子交付された源泉徴収票はコピーになるのでしょうか?そもそもコピーと原本の違いはなんなのか。原本は絶対に必要なのか?や、原本をもらうにはどこに申請すればいいのかについてお伝えします。

源泉徴収票をもらうにはどうしたらいい?

源泉徴収票はとっても大切な書類です。

何度言ってももらえなかったと諦めないでください。

まず先ほどお話した理由で業務委託や請負の契約で源泉徴収がされなかった場合。

自分でその年の所得と税金を計算して税務署にいく必要があります。

では次に雇用関係があったにも関わらず源泉徴収票が発行されない場合。

なんど連絡してもダメなら一度「税務署に相談する」と伝えてみたください。

これでもダメな時は税務署に相談し、「源泉徴収票不交付の届け出書」を提出します。

この書類を税務署に提出すると、

税務署から雇用主側に行政指導が入る事になるのですが、こちらは最終手段になります。

まずは最寄りの税務署に電話でもいいので相談してみることをオススメします。

まとめ

私も昔働いていたアルバイト先で源泉徴収票が発行されず困った事があります。

その時は理由を税務署に伝え、給与明細で確定申告をしてもらいましたが・・・(;・∀・)

やっぱり諦めなければよかったと、あとから後悔しました。

ちなみに「源泉徴収票不交付の届け出書」は、

国税庁のHPからダウンロードする事もできます。

毎年やって来る確定申告の季節。頑張ったけど準備が間に合わなかったり、せっかく準備が終わっていたのにうっかり出し忘れていたり。はたまた確定申告の事自体忘れていたなんて人もいますよね。今回は、確定申告は期限が過ぎてしまったらいったいどうなってしまうのか?また期限後申告の期限と方法について紹介します!
世帯主宛てに送られてくる国民健康保険の納付書。世帯主以外が支払っている場合、確定申告の国民健康保険の控除はどうなるのでしょうか?また支払い額が分からない時の確認方法と、確定申告で国民健康保険の控除を申請する場合の添付書類の有無についてお伝えします。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。