バレンタインにアップルパイをハート型で作ってみた!手作りレシピ!

バレンタインデーと言えばチョコレート。

毎年いろいろなチョコレート菓子を手作りしていたのですが、

去年はチョコ以外を作ろう!とアップルパイを作る事に。

形はもちろんバレンタインらしくハート型。

今回はとっても簡単なハートのアップルパイの手作りレシピを紹介します!

スポンサーリンク

バレンタインにハートのアップルパイを作ってみた!

今回はパイ生地から手作りしたのですが、

「そんな事してられない!」

という方は、冷凍のパイシートを使ってもらえればかなり時間の短縮になります^^

ではレシピを紹介します!

◇材料◇(縦12㎝のハート型3つ分)

【パイ生地】
・強力粉   310グラム
・塩        5グラム
・冷水     120ml~
・バター(練り込み用) 25グラム
・バター(折り込み用) 100グラム

【リンゴジャム】
・りんご    中1個
・砂糖    リンゴスライスしたものの30%の分量
・レモン汁    大1

【仕上げ】

・リンゴ     中1個
・はちみつ   30グラム
・バター     10グラム

◇作り方◇

ーパイ生地―
①パイ生地を作っていきます。まず、強力粉+塩+バターをフードプロセッサーにかけます。(ない場合は手ですり合わせる)バターの塊がなくなりサラサラになればオッケーです。

② ①に水を加え水分が均一に行きわたるようにします。少しボソボソしますが、一塊になれば完成です。(ここで水分が足りない時は5mlくらい~10mlほど足してもいいのですが、生地が柔らかくなり過ぎないように注意してください。)

③乾燥しないようビニール袋にいれて冷蔵庫で最低3時間は休ませます。

④折り込み用のバターを扱いやすい硬さにしていきます。綿棒でバターを潰し、
正方形にしていくのですが、私はいつもジップロックの袋の淵を切り取ってバター成型用に利用しています。(この時バターは溶かすのではなく、冷たいけど柔らかいという状態にしてください)

スポンサーリンク

⑤生地とバターを合わせて織り込んでいきます。バターより一回り大きめの正方形に伸ばした生地とバターを重ね、四隅をさらに綿棒で伸ばします。空気が入らないようの生地を合わせて一方方向の伸ばし三つ折り、90度回転させて同じ作業を行います。

⑥冷蔵庫で1時間休ませます。この作業をあと2回繰り返しパイ生地の完成です。

―アップルパイ―
※リンゴジャム用のリンゴの種と芯を取り除きを皮付きのままスライスして鍋に砂糖と合わせておきます。

※パイ生地を2ミリの厚さに伸ばしピケします。(フォークなどで穴をあけていきます。)好きな大きさのハート型に成型。まずハート型を切り取り、余った端の部分で1㎝幅のものを出来るだけ長くなるようにカットします。水を接着剤代わりにしてパイ生地の淵として貼り付けます。

※仕上げ用のリンゴを半割にして種と芯を取り、薄くスライス→さらに半分にカットしておきます。

※仕上げ用のはちみつとバターをボールに合わせて湯煎にかけておきます。

①リンゴジャムを作ります。リンゴと砂糖をあわせた鍋にレモン汁を加え火にかけます。沸騰したら弱火にして煮汁がなくなるまで加熱してください。

②オーブンでパイ生地を空焼き。200度12分反転→5分。

③②に①のリンゴジャムを乗せてさらに焼成。200度8分。

④③にスライスしたリンゴを並べてさらに200度で8分。

⑤④に湯煎にかけていたはちみつバターを刷毛でたっぷりぬり、さらに8分焼きます。

―完成―

オーブンによって設定温度は少し前後する場合があるので、焼きながら調節してみてください。
仕上げのはちみつバターは垂れるくらいたっぷり塗った方が、焼き上がりが美味しくなります^^

まとめ

バレンタインにピッタリのハート型のパイを紹介しました。

今回は縦12㎝のハート型のアップルパイを3つ分のレシピになります。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。