ガスコンロの汚れの掃除はマジックリンと激落ちくんが最強コンビ!

日々の生活で汚れていくガスコンロ。

毎日掃除すればいいのですが、忙しいとついつい

「また次の休みにまとめてやろう」と掃除を先延ばしにしてしまいがち。

気付いた頃にはコンロまわりが大変な事になっていて、

ますます掃除が面倒に感じてしまいます。

今回はそんなコンロまわりの汚れを、

マジックリンと激落ちくんで実際に掃除した流れなどを紹介していきます!

スポンサーリンク

掃除に必要なもの

まずは必要な道具をそろえていきましょう~。

・キッチン用のマジックリン
・激落ちくん(メラミンスポンジ)
・古い歯ブラシ
・大きめのビニール袋
・いらない布巾(数枚)
・キッチンペーパー
・ゴム手袋

ゴム手袋はマジックリンによる手荒れ防止用の物なので、どんな物でも大丈夫です。

使いやすいものを使用してください。

マジックリンは油汚れを。激落ちくんは焦げ付きを取るのに使用します。

ガスコンロの掃除方法

我が家のコンロです(;・∀・)

最近忙しかったので掃除をサボっていたら、こんな状態になってしまいました・・・。

では、さっそくお掃除開始です~。

まず、五徳、バーナーキャップ、排気口カバーなど。

外せるものを全て外し、用意していた大きめのビニール袋に投入します!

そして全体にかかるようにマジックリンをシュッシュッとスプレー。

次にコンロ本体も同じようにまんべんなくマジックリンをスプレーします。

排気口も忘れずに!

スポンサーリンク

乾燥防止の為、キッチンペーパーをスプレーしたコンロに敷き、

貼り付くようにもう一度スプレー。

この状態で、両方とも約30分~1時間程付け置きします

さてさて、どうなっているでしょうか?

しっかり油汚れが落ちていますね!

コンロ本体の方も1度布巾で軽く拭き上げます。

次に、焦げ付きを取り除いて行きます!

ゴシゴシしないといけないので、大変なイメージがありますが、

傷つけてしまうといけないので、ここで激落ちくんの登場です。

少し水分を含ませて、焦げ付いている箇所を擦ります。

五徳も同じようにキュッキュッとするだけで・・・

ピカピカになりました(*´ω`*)

掃除しにくい排気口は歯ブラシの出番です!

一通り激落ちくんで磨き終わったら、しっかり水拭きしてお掃除終了になります。

ついでにお掃除!

毎日のお料理でいつの間にか油汚れが溜まりやすい、

レンジフードやキッチンの壁だってマジックリンでお掃除出来ちゃいます!

レンジフードはコンロと同じく、

外せるものは全て外してビニール袋にいれてマジックリンで付け置きしておきます。

レンジフードの外側やキッチンの壁は、マジックリンと布巾で拭きあげるだけ!

汚い・・・。

こまめに拭いているつもりでも、こんなに汚れていました(;・∀・)

こちらも最後の水拭きを忘れないようにしましょう!

付け置きが終わったレンジフードの部品を洗い終われば完了です。

付け置きで汚れを浮かしてからお掃除するので、

普通にお掃除するより楽に汚れを取り除くことが出来ます(*´ω`*)

まとめ

コンロまわりの汚れは、サボればサボるだけ取れにくくなってしまうもの。

面倒ですが、掃除はせめて月に1回。

そうする事で、その年の大掃除で苦労するなんて事はなくなるかもしれません。

おススメの掃除方法なのでぜひ試してみてください~。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。