サントリーウォーターサーバーを使ってみた感想。電気代や解約まで

我が家で1代目に使用したのが、サントリーウォーターサーバー。

理由は、普段からサントリーのお水をスーパーなどで箱買いしていたから。

そこで、実際に使ってみた感想や気になる電気代など。

設置から解約までを紹介したいと思います!

スポンサーリンク

サントリーウォーターサーバーを使ってみた感想

以前からお水をよく飲んでいた我が家では、

買い出しの度にスーパーでお水を箱買いしていました。

一人で買い出しに行かないといけない時は、お水を買うのが憂鬱で憂鬱で・・・。

ウォーターサーバーがあればな~と前々から考えていました。

そんな時に出会ったのが、サントリーのウォーターサーバー。

彼に相談をし、二つ返事でオッケーがでたのですぐに注文してみました。

設置と初期設定

一週間ほどで到着です。

プラス500円(税抜き)で初期設定までしてくれるサービスがあり、

ウォーターサーバー デビューでまったく何も分からなかったのでこちらをお願いする事に。

ビックリしたのですが、なんとヤマトさんが配送→設置→初期設定までしてくれました。

その際に
・取り扱い説明書
・簡単ガイド
・スタートブック

というものを渡されます。

契約書はまた後日別で郵送されてくるみたいです。

設置の際に出た梱包材は、すべてヤマトさんが持ち帰ってくれました^^

特徴

天然水のボックスと交換方法

配送パターンを選びます。

お届けサイクル→毎週・2週毎・3週毎・4週毎

お届け箱数→3箱・6箱・9箱

1箱7.8リットルのお水が3箱1セットで届きます。

なので6箱頼むと、3箱1セットのものが2つ届く事になります。

1箱のお水の量は他のウォーターサーバーよりも軽めの設定になっているようですが、

さすがに1セットでは運べないので、いつも玄関口でばらして運んでいました(;・∀・)

箱はしっかりしているので、5箱まで重ねる事が可能なようです。

お水の交換方法は、なんと箱のままウォーターサーバーへセット!

「軽くて箱のままだから取り付けが簡単!」というのが売りみたいですが、

お水の取り付け口を箱から出す部分が点線になっていて、

その点線部分を切り取るのがちょっと大変だなと感じました。

温度設定が4段階

冷水通常モード→4℃~9℃ / 弱冷モード→12℃~15℃
お湯通常モード→85℃~92℃ / 弱温モード→70℃~75℃

92℃という高温がでるのはサントリーだけのようです。

カップラーメンもウォーターサーバーで作れてしまうので、

お湯を沸かすという事がぼぼなくなりました。

2段階のチャイルドロック

一般的なウォーターサーバーに付いている、注水ロックボタンだけではなく、
全機能ロックボタンという物がお水をセットする扉の内側に搭載されています。

お子さんがいらっしゃるご家庭の方には安心かもしれませんが、

我が家では全く意味のない物です(;・∀・)

むしろ、普通に出す時のロックでさえ煩わしく思っていたところ・・・

なんと、冷水とお湯を個別でロック解除できる事を発見。

扉の内側のボタンで解除できます(*´ω`*)

メンテナンス

「おいしさキーパー」というクリーン機能が1日1回、決められた時間に作動します。

この機能が作動しているときは、約2時間お湯やお水を出す事が出来ません(汗)

時間は自分で設定出来るようになっていますが、

生活が不規則な我が家では、

たった2時間でもお水が出せない時間があるというのはちょっと不便に感じてしまいました。

しかし、この「おいしさキーパー」という機能があるからこそ、

定期的なメンテナンスが不要というメリットもあります!

サントリーウォーターサーバーの電気代と料金

ウォーターサーバーの気になる電気代ですが、

スポンサーリンク

1カ月で約700円~約1000円程。(22円/kwhで計算)

温度調節機能をうまく活用する事で、電気代を安く抑える事が可能です。

そして、お水の料金は1箱7.8リットルで1150円。

3個で1セットなので1回の配送で1セット注文したとして、

かかる金額は3450円(税抜き)になります。

これを500㎖のペットボトルだとすると、約46本分。

500㎖1本当たり75円という金額に。

コンビニなどで買うよりかは安くなりますが、

これだと500㎖のペットボトルを箱買いしてきた方が1本当たりの金額は安くなることになります。

お水の料金+電気代 と考えると、

ウォーターサーバーを使用した方が箱買いよりも割高になってしまうんですよね・・・

電気代を含めて1本あたりの金額を出してみると、

500㎖のペットボトル1本当たり96円という金額に。

なのに、どうして我が家ではウォーターサーバーを使っていたのかというと。

1番は、ペットボトルを買いに行く手間がなくなるから。

ペットボトルを買うと、飲み終わった後のペットボトルの処理もなくなります^^

正直結構めんどくさかったんですよね(;・∀・)

そして、ペットボトルの半端な飲み残しがなくなるというメリットも我が家ではありました。

そして、うれしいのがお湯が出るという事。

使い始めるまでは、そんなに使わないだろうと思っていましたが、

特に冬場は大活躍です(*´ω`*)

もっとお水の料金を安く済ませたいのであれば、安いウォーターサーバーの会社もあるので、

お水にこだわりがなければ、サントリー以外の選択肢もあるんじゃないかと思います。

解約したいと思ったら

たまに「解約できない!」というコメントをネットで見かけますが、そんな事はありません。

現に私はなんの問題もなく普通に解約できました^^

ただ、解約に伴っての注意点があります。

それは・・・、解約手数料がかかる という事。

ケイタイと同じで、更新月(契約期間の最終月)に申し入れないと

自動で契約が更新されてしまいます。

そして更新月以外に解約してしまうと解約手数料がかかってしまうのです(;・∀・)

金額は7000円(税抜き)。

これは契約の時にも書いてある事なのですが・・・。

私は、電話で解約の手続きを行ったのですが、

オペレーターの方が丁寧に対応してくださいました。

その時に聞かれるのが「解約の理由」。

他社への乗り換えと言ってしまうと、色々プランを出して引き留めてくるので、

そのやり取りが面倒だという方は

「お水を飲まなくなった。」

この一言で十分です。

そして私も利用したのですが、

他社への乗り換えを検討中で、まだ更新月ではないからどうしようと悩んでいるのなら、

乗り換えをする事で、なんとその解約手数料を負担してくれる会社もありますよ(*´ω`*)

まとめ

他のウォーターサーバーと比べてすごく安いという事はありませんが、

その分、品質管理がしっかりしているのは大手のサントリーだから。

ペットボトルを箱買いするよりも、料金は少し割高になってしまいますが、

普段から飲んでいるサントリーの天然水がいつでも飲める、

しかもお湯まで出せちゃうというのは、かなり魅力的ではないでしょうか。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。