鳥取砂丘でサンドボードするには予約は必要?料金や服装は?【体験談あり】

砂丘や砂山を板に乗って滑り降りる、オーストラリア生まれのスポーツのサンドボード。

今注目の新しいこのスポーツを、鳥取砂丘で実際に体験してきました~!

スポンサーリンク

鳥取砂丘でサンドボードするには予約は必要?

予約は必要で、前日17時までの事前予約制となっていました。

・最小催行人数 1人~

・申込可能人数 1人~50人

・対象 10歳以上

1回の体験時間は、集合→説明→体験→解散までで約2時間ほど。

朝、昼、夕方の1日3部制になっており、

開始時間は時期によって異なるようです。

鳥取砂丘といえばラクダ!!というイメージがありますよね。

私もそうでした^^;

なので、鳥取砂丘に行ってみて、初めてサンドボードを知ったりとか。

他にも、時間が余ったらやってみたいな~って考えていたり。

そんな時、飛び入り参加で体験って出来るの?って思いますよね。

私も気になって調べてみたところ、

定員に空きがあれば当日でも参加可能みたいですよ~^^

ただし、やはり原則は前日17時までの事前予約となっていましたので、

天候やスケジュールの関係で予約するか迷っている場合は、

直接問い合わせて聞いてみるのが1番だと思います。

あと、気になるお天気ですが、

少雨の場合は決行で、中止の場合はインストラクターの方から連絡が入るようになっているみたいです。

鳥取砂丘でサンドボードする時の料金は?

料金は1人 3,000円(税込み)

料金に含まれるもの→体験料、ボード用具代、指導料、消費税

別途費用で保険料が500円かかります。

当日は、集合場所に集まってから説明→書類記入→支払い→体験 という流れになっているので、

参加料とちょっと小銭くらいで、余計なお金はあまり持ち歩かない事をオススメします。

せっかく遊びに来たのに、砂丘でお財布落として見つけた頃には体験終わっちゃてた、、、

なんて事にならないようにしましょう~。

それと、3500円でたった2時間ってちょっと短いな。。。

な~んて思っていたのですが、

おそらく心配無用です。

その日の参加人数にもよると思いますが、

私が参加した日はちょうど連休明けの朝の部で、

参加者は私と友人の2人だけ。

滑る→砂丘を登るの繰り返しで、私は体力が持ちませんでした^^;

説明から実際に滑り出すまでの時間も思っていたよりも短くて、

2時間でも十分すぎるくらい楽しめましたよ~♪

鳥取砂丘でサンドボードすると時の服装は?

HPで確認してみたところ、

汚れてもよい服・肌の露出の少ない服、季節に合った動きやすい服装 となっています。

暑い時期は、帽子やサングラス、タオルなどもあるといいみたいですよ~。

あと、靴下は必需品なので絶対に忘れないようにしましょう!

丈は、くるぶしまであれば大丈夫のようです^^

集合場所から体験場所までは、徒歩で約10分くらいになります。

スポンサーリンク

なので「喉が渇いたからちょっと飲み物買って来る!」

なんてことしてたら時間がもったいないので、飲み物も持って行くといいですね。

それと、実際に体験してみて思った事なんですが。

集合場所から体験場所まではもちろん靴を履いて行きます。

そして、体験する時は靴下のみ。

もちろん帰りも靴を履かないといけないわけで、、、。

どれだけ砂をはらっても、靴は砂だらけになります。汗

なので、ちょっと砂丘は歩きにくいかもしれませんが、

クロックスで行けば良かったな~と個人的には思いました^^;

まとめ

ざっと体験の流れをまとめると

トイレを済ませて集合場所へ

説明、支払い

移動、体験スタート

集合場所へ戻り解散

というような感じになります。

滑ってみての感想

・登りはやっぱり少ししんどいけど、砂丘の上での休憩もなかなか悪くない。(ロケーションが最高!)

・同じようなスポーツに見えるけど、スノーボードとは別もの(スノーボード経験者です)

・砂丘の斜面を日本海に向かって滑るのはすごく気持ちいい!

という感じでしょうか。

斜面も急なので難しそうに見えますが、

まっすぐ滑るだけなら、初心者の方でも何度か滑っているうちに出来てしまうみたいです。

私の友人もあまりスポーツ経験はなかったですが、

最後の方は下までこけずに滑れていました^^

  • 補足
他にも観光したいけど、スッキリしてからまわりたい!

だけどお風呂に入りに行くのは時間がもったいないし。。。

と思い、大量の汗拭きシートと着替えを持参して行っていたのですが(^^;

なんと!近く施設の外にコインシャワーが2つ設置されていました!

料金は3分100円。

ホントに助かりました~。

私は時間がなかったのでそこで汗と砂を洗い流しましたが、近くにちゃんと入浴施設もあるみたいです。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。